珍プレー

マジョルカvsソシエダ

ニハト&コバチェビッチを欠く飛車角落ちのソシエダ。
対するは降格寸前のマジョルカ。
意外にも、前半は点の取り合いに・・・

まずはソシエダ、きれいなボレーで先制するも、すぐマジョルカに返され、1-1。
しかし、折角追いついたマジョルカ。
キーパーがコーナーキックになりそうなボールを取りに行き、なんとかライン際で止めたはいいが、そこにソシエダの選手が・・・
なんと、ソシエダの選手の足元にボールを献上するような形になり、(爆)ごっちゃんゴールを決められ、あっという間に再び1点ビハインド。
今日もだめか?マジョルカ、と思ったが。

マジョルカで孤軍奮闘している感のあるルイス・ガルシアが同点ゴールをたたき込む。
前半20分で、早くも2-2。
お互い、守備がザルな事もあって、この先一体何点入るんだ?って感じに。
しかし、なんとか2-2のまま前半終了。

後半、10分頃に、マジョルカ相手陣内でスローイン。
ロングスローでペナルティエリアに投げ込む。
すると、相手DF、ヘディングでクリアミス。
ボールはゴール前でどフリーのロメオの前へ(核爆)
ロメオ、当然なんなく決め、逆転!
これでマジョルカ、ソシエダ、お互いにやらずもがなの一点を渡しあう羽目にw
しかも飛車角落ちのソシエダに、決していいとはいえないマジョルカの守備を崩す力・気力ともなく、このまま試合は終了。

正直、Jリーグと大差ない、へたすりゃ内容は下の試合だったw
しかし、内容はともかく、マジョルカには貴重な勝ち点3。
降格ラインの上のラシンと4ポイント差。
少しは望みが見えてきたか?
結局、大久保は試合展開もあり、出番無し。
来シーズンもマジョルカに残れるのだろうか?
その前に、マジョルカはセグンダ落ちを回避できるのだろうか?
(今日の試合を見る限り、セグンダに落ちてもなんら不思議はないがw)
ここからが正念場だ。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2005-03-07 07:05 | 雑記