無難な選択?

先に揚げた通り、オイル交換はカレストでお願いしました。
今回入れたオイルはカストロールの「マグナテック」の0W-20。
固さも以前入れていたモチュールの物(5W-35)よりも柔らかめにしてみました。
理由は単純、今の俺はそんなにエンジンを回さないから(爆)
それならば0W-20でも十分、むしろ街乗りでは加速がいいのでは?と思ったからである。

という事で交換を終えて走ってみます。
まず気が付いたのはエンジン音。モチュールの時と違い大分静かになりました。
加速時に「ゴゴゴゴゴ・・・」といってたエンジン音が、「キューン・・・」という感じになりました。
ただその分トルクも細くなりました。といっても(現状では)必要十分のトルクです。
問題はしばらく走って劣化してきた時にどうなるかでしょう。

また5W-35から0W-20に変えた感覚は・・・正直言って分かりませんね。
柔らかさよりもオイルそのものの性質の違いもあるだろうし。
今のオイルで高速を走った時にどうでるか・・・これは釣りに行ってみないと分かりません。
といっても気になるのはフィーリングと加速感だけだから、どうでもいいといえばいいのだが・・・

理屈としては街乗りの燃費が上がるはずなんだけど・・・そんなに変わらないか。
と何だかんだ書いたが印象としては、「可も無く不可も無く」といったところ。
すなわちこのオイルで街乗りならば普通に走れるといった感じです。
これといって不満も無いけど、今までのオイルみたいな面白みも無い。
モチュールはトルクフルだったし。
インターセプターは(回した時の)加速感が気持ちよかったし。
まだ大して走っていないけど、そういうのは今回のオイルからは感じられないかな?

これがこのオイルの個性なのかもしれません。というか普通に使えるのはいい事です。
問題は値段。さすがにモチュールの量り売りと比べたら若干高い。
やはり(遠くても)コックピットに行くべきでしょうか?
それは次回の検討課題にしたいと思います。

今回のオイルがよければこれでもいいのだが・・・種類が多いだけに色々試してみたい。
オイルに関してはしばらくの間迷走が続くかもしれませんね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2008-10-31 02:35 | 雑記