夜寝れないおかげで・・・

夜勤週から早番のリズムになりきれていない俺。
そのおかげで昨晩も夜中に目が覚めてF1を見る事に。
しかし・・・そのF1の最終戦のブラジルGPはドラマチックでしたね。

まずスタート直前に突然の雨。もうこの時点で楽しそう♪
その上マッサとハミルトンのチャンピオン争いもクライマックス。
マッサが優勝するとハミルトンは5位以内でワールドチャンピオンという状況。
そんな中ポールを取ったマッサはきっちりとTOPをキープ。
この人はポールからスタートすると本当に安定しています。
もしかしたらバトルが嫌いなのでは?と思うぐらいです。

一方ハミルトンは4~6位をいったり来たりと微妙な位置。
しかし中盤以降はうまいぐあいに5位をキープ。
このままハミルトンのワールドチャンピオンか?と思っていました。

だがドラマはここから。スタート直後の雨はすぐにやんだものの、残り15周ぐらいから雲行きが再び怪しくなってきて、残り7週でついに雨が・・・!
マッサ、ハミルトンともにピットインし、マッサはTOPをキープするもハミルトンは(トヨタがピットインしなかった為)順位を一つ落とし僅差の5位へ。
その前に表れたのは周回遅れのクビサ。
普通周回遅れのマシンはあっさりと行かすのだが、不安定な路面状況のせいなのか、それとも(荒っぽいドライビングスタイルで嫌われ者の)ハミルトンの邪魔をしたいのか、ハミルトンの前でフラフラと動いています。

クビサがハミルトンの前に出たりしていたうちに、コーナーで外にはらむハミルトン。
そのインを後ろにつけていたベッテルが抜きハミルトンは6位に!
ハミルトンが6位だとマッサがワールドチャンピオンです!
マッサの地元(ブラジル)なので現地は大歓声。これはのっぴきならなくなってきました♪

そのままファイナルラップへ。ベッテルは雨はうまいのでグングン逃げていきます!
そしてマッサはゴールイン。喜ぶ観客&マッサ陣営。
逆転か?と思ったらドライタイヤでコントロールが効かなくなったトヨタのグロックが失速。
それをかわすベッテル&ハミルトン。という事は・・・ハミルトンは土壇場で再び5位へ!
そのままフィニッシュし、1ポイント差でハミルトンのワールドチャンピオンとなりました。

まさかこんなドラマチックな展開になるとは思ってもみませんでした。
一時は「ハミルトン包囲網」完成か?とも思ったんですけどね。
観客、クビサ、ベッテル、そして(マッサを抜こうとしない)アロンソ。
見事に完成するか?と思ったがそうは行きませんでしたね。

あと10秒雨が降るのが遅かったら・・・と解説も言っていました。
それほど際どい勝負でした。まさか最終コーナーで決まるとはね。
夜中に寝れなくて起きていたお陰でいいものをみれました。
できれば(フェラーリは好きなので)マッサにチャンピオンになって欲しかったんですけどね。
こういう事もあるんですね。だからスポーツはライブに限ります♪
もっとこうした際どい戦いが見たいですね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2008-11-03 17:43 | 雑記