YRV迷走日記番外編第5弾(?) エッセ編

釣りに行きたいが為に翌日に延ばした車検に行ってきました。
朝にダイハツにYRVを持ち込み、ムーブを代車として受け取る予定が・・・
日付を変更したせいか、出てきた代車はムーブではなくてエッセでした。

c0001632_19151757.jpg


エッセならば立体駐車場であるうちの駐車場に入るので言う事無しです。
が・・・今日はムーブで動き回るつもりで予定を立てていたので、そのままエッセで動き回っていました。
よってダイハツを出た後はつり人天国へ。しかし時間が早すぎて開いていませんでした。
ならばポパイに行こうと相模原方面へ。目的はフックなどの補充。
ポパイではフックは目ぼしい物が無かったものの、ライブインパクトとディーパーレンジを購入。
特にディーパーレンジは底をスローロールするのに使えそうです。

ポパイを出た後はブックオフへ。車検をして貰っている時間を使いいらなくなった本とCDを売却する予定を立てていました。
CDはいつものユニオンで売却する為、ブックオフでは本を売却し1300円チョイの売却益。
その後ユニオンでCDを売り、7000円ちょいになりました。
購入にかけた原価を考えれば微々たる額だが、それでも釣具補充の足しにはなりました。

ユニオンでCDを査定してもらっている合間に食事を取り、査定後相模屋へ。
相模屋ではライン、フックを補充。その後タックルベリーで竿購入を真剣に悩んだ後(後述)、行きそびれたつり人天国に再び行ってからディーラーへ戻りました。

車検は追加部品もなく無事終了。後は保険代の払い込みだけです。
車検+保険+JAFで総額16万弱か・・・必要経費とはいえ痛いですね。
ところで、代車のエッセで散々走り回ったのでいつもの如くインプレといきましょう。

まずエッセに乗って思った事は、頭上が狭くて窮屈だな、という事でした。
しかしエッセも以前の車検時に乗ったミラ同様、走っていて楽しい車でした♪
エッセはエンジンが気持ちよく吹け上がる上、車重も700kgしかないので速いです!

これで足元がハンコック(師匠曰くキムチタイヤ)でなければなお良かったんですけどね。
さすがにタイヤは12インチだったので、過重を失うとロールがきます。
特に左折時。車体が軽い分右側のメタボな重量物(俺)のせいで右に過重が残り気味になるのでやり難いです。
右コーナーはうまく過重が乗るが、左コーナーだとロールが来たりとか・・・
左折時は(キムチタイヤのせいもあるのか?)過重が抜け気味になってしまう感じがありました。
これはある意味車重の軽い軽自動車の宿命なのかもしれないけどね。

そんな欠点はあったものの、走っていて楽しいクルマです。
以前のミラと違い加速も言う事無しだし。
エンジンは非力(58馬力らしい)なのだが軽い分加速は(俺の)YRVよりいいし♪
コーナーもキビキビ走るし、狭い道もスイスイ走ります。
バックも後方視界が良くやりやすい上、純正オーディオの音質もいい♪
ドアの質感なんかは完全にYRVより上です。しかもツイーターまで純正で着いてるし。
ところどころボディの鉄骨がむき出しなのはご愛嬌でしょう。
メーター類も(タコメーターが無いなど)必要最低限なのは止むを得ないところなのでしょう。

そんなこんなで、エッセは狭い以外は非常にいい車でした。やるなダイハツ・・・
もしかしたら俺は軽自動車の方が向いている、否好きなのかもしれません。
キビキビ走る上ストレスも無く扱えるので、走っていて楽しいんですよね♪
室内は狭いが俺1人+釣り道具ぐらいならば何とか入りそうだし・・・
となると次は軽自動車に乗り換えるか?維持費も安いし燃費もいいし。
それに加え走っていて楽しいです。ぶっちゃけ(俺仕様の)YRVよりも速いと思われます。

エッセをディーラーに返した後で自分の車に乗ると・・・残念ながらもっさりしてますね。
車重が200kg増えたせいだと思うが、全てにおいて重い感じがしました。
これでも(多分オイルを0W-20に変えたせいで)吹け上がりが大分良くなったのだが、エッセの吹け上がりの良さに比べたらまだまだです。
ミラに乗ったときにも感じたが、90馬力は俺にはオーバーパワーなのでしょうか・・・?
こんな事を言うとまた師匠に笑われるが、実際そう感じるのだから仕方ない。

となると・・・ますます次は軽なのかな?実際面白いし♪
と言いつつもYRVにはあと数年乗り続ける事でしょう。
恐らく後4~6年ぐらいは乗り続けられる筈です。
せっかく買ったんだから使い切らないと勿体無い上愛着もあるし。
目標は10万km越えかな?現在6万kmを超えたけど順調極まりないです。
これからもYRVにはノントラブルで長持ちして欲しいですね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2008-11-06 19:54 | 雑記 | Comments(0)