段取り力

俺という人間は、「段取り」を考えるのが凄く苦手な人間です。
今までかなり行き当たりばったりだったという事でしょう。
しかし・・・30にもなってこのままではいけません。
大体今の仕事も「段取り」がきっちりとしていないととてもこなせない仕事。
「段取り」が甘いおかげで苦労もするし、迷惑も掛ける事になります。

そこで段取りを向上させるべく、「段取り力」という本を購入。
しかし・・・正直言って理解できたかどうか怪しいです。
これはもう1回読み直してみるべきでしょう。

そんな中でも理解できた事柄は、「全てを段取りという視点から見る」という事。
例えばテレビのニュース番組でも、ニュースを伝えるという「アウトプット」が出るまでに、色んな「段取り」を踏む必要があります。
まず記者がネタを取材する、それを編集して原稿に起こすディレクター、そして視聴者に伝えるニュースキャスターなどなど、細かくすればやるべきステップはいくらでもある筈です。

時間にすればたった15秒程度の記事でも、15秒テレビで伝えるまでにどれだけの人と手間が掛かっているか・・・そういう視点で物事を見ていると、確かに見方が変わる気がしました。
それを自分に当てはめてみると・・・いかに「段取りを作る」という段階が無いか。
だから後手を踏む事も多いし、結果的に作業が遅くなってしまうのである。
目の前の作業を片付ける前に、「その日やる事」というのを整理する時間を作るべきですね。
せっかく朝早めに来ているのだから、10分ぐらいはそういった時間に使ってみましょう。

そうすれば少しは自分に余裕が持てるのでは?と思います。
あとは作業の優先順位と期限ですね。
この辺はまたスケジュール管理になるから別かもしれないが、それにしても「段取り」が必要。
「段取り8分」とはよく言ったものですね。
恐らくできる人達はこのステップを普通にしているのでしょう。

俺には課題だらけだが、一気にやろうとしても無理です。
できる事からコツコツとやっていくしかないですね。
少しずつでいいから、着実に成長していきたいものです。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-01-18 08:11 | 雑記 | Comments(0)