巨人・阪神戦

会社から夕方に帰って適当にチャンネルを変えていると・・・
おお、G+で巨人-阪神戦やってる!
当然、チャンネルを合わせ(読売びいき&解説中畑ってのが気に喰わんが)見ると・・・

能見、1・2回でメッタ打ち・・・
初回、ローズにおあつらえ向きの真ん中のカーブを投げ、ライトスタンド一直線の3ラン。
2回、キャプラーにピッチャー返し→盗塁(2塁にヘッドスライディング!)でリズムを崩され、その後フォアボールでランナーを溜め、二岡の2塁打(スペンサー取れよ!)などで3失点。
しかし、キャプラー本当にやっかいだ・・・
能見にはこれも経験と割り切って、本番に備えて欲しいものである。
その後、3~5回は立ち直って無失点に抑えたことだし。

2回であっさり0-6にされ、たとえオープン戦とはいえ、巨人相手に手も足もでないのは非常に腹立たしい。
巨人の先発内海に、5回まで無失点に抑えられる。
6回表に、やっと捕まえて5点を一気に返したおかげで、すこしは溜飲が下がったが。
(公式戦なら、5回で変わってるな。)

その後、阪神はウィリアムスが登場。
右の仁志・二岡にヒットは許したものの、左打者はピシャリ。
3番手は藤川。こちらも一回をきっちり。
続いて吉野。
ランナー二人を出したが、一回をこちらも無失点。

巨人は、河原→佐藤→ミセリ。
河原は4人続けて2-3までいくピッチング。
ストレートは走っていたけど、変化球が・・・
もう少しで同点にできそうだったのだが、片岡微妙な判定の三振。残念。

9回にはミセリが登場。
守護神としては少々役不足の感が否めないこの男。
どうだろうな?なんて思って注目してみる。
今日も球速は、相変わらず140km台前半止まり。
読売は158km出ると聞いてとったらしいが・・・
(150km出るとか言いながら、138kmとか、140kmぐらいしか出なかったピッチャーを、俺はいくらでも知ってる。去年阪神にいたモレルとか、カーライルとか・・・)
球速はあんなものだろう。
タイプ的に、抑えって感じじゃない。
中継ぎなら、そこそこ働くのでは?抑えに必要な威圧感は無いが、打てそうで打てないって感じはするし。
安定感はあるピッチャーのような気がする。
まあ、シーズンに入ってみなきゃ分からんが・・・

結局、試合は6-5で終了。
オープン戦とはいえ、巨人に負けたのは頂けないが、まあ、仕上がりは順調かな。
鳥谷とスペンサーは、相変わらずって感じだったけど・・・
(鳥谷は相変わらず外の球を左にしか打てんし、スペンサーは論外!)

関本や桜井・桧山を使え!

といっても、岡田の奴は、聞く耳を持たんのだろうな・・・
変な所頑固だし。
今年の巨人は手強そうだし、なんとか早いうちに叩いておきたいものである。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2005-03-16 21:11 | 雑記