チューンナップ 第1弾

RSR-Fを買って1か月チョイ。
横須賀に行ったり、宮が瀬に行ったりして、約700km程度を走りました。
まずは吊るしの状態でしばらく乗って様子を見ていましたが、どうもブレーキが気になります。
音はうるさいわ、フルブレーキをしても全然効かないわで、なんか変だなと思っていました。

前のアンカーのブレーキはこんなんじゃありませんでした。
買って一番最初に言われたのが、「ブレーキは凄く効くので注意してください。」という事。
ママチャリ感覚でブレーキすると前転するとの事で、実際に効き過ぎてびっくりしたのを覚えてます。
その感覚からすると、RSR-Fは明らかに違います。
ブレーキの片効きとかいろいろ疑ってみましたが、どうも根本的な問題っぽいです。

そこでブレーキをアンカーと比べてみると、RSR-Fのブレーキは「TEKTRO」というメーカー。
対するアンカーはシマノのブレーキです。
シマノのパーツは天下一品なので、これは違うはず・・・と思いネットで調べてみると案の定。
TEKTROとシマノではブレーキの性能が全然違うらしい事が分かりました。
どうもRSR-Fはコストダウンの為、TEKTROのブレーキが着いていたみたいです。

このままでは正直言って不安、否危険ですらあるので、なんとかならないか自転車屋と相談。
すると、やはり性能が全然違うから変えた方がいいとの事でした。
という事で、メインコンポと同一であるシマノの「ティアグラ」のブレーキと交換する事にしました。
早速自転車屋さんに発注をかけたので、来週交換となります。

交換費用は、以前買ったトラウトタックルを釣り人天国に売却して工面。
ついに釣り具が自転車のパーツに化ける日がやってきました。
いずれこういう日がくるのではと思っていましたが、思ったよりも早かったですね。
ただバスタックルはそのままなので、暖かくなったら釣具屋にも行くかもしれません。

これで宮が瀬の下りとか、時速30kmからのブレーキングの不安が解消されるといいですね。
少なくとも前のアンカー並みには効くはずなので、止まらないという事はないでしょう。
且つ敢えてグレードをティアグラと抑えた事で、効き過ぎて前転するリスクも減らしたつもりです。
自転車のブレーキは効けばいいというものではないですからね。

この交換でどれだけ効果が出るか、ちょっと楽しみです。
とにかく安心して乗れる自転車になってほしいものです。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-02-14 16:48 | 自転車