復活!

近頃何かと修理費用がかかるYRV。
今回はフロントのベアリングが焼きつきかけているそうで、フロントの足回りを一新する事となりました。

今回の修理費用は75000円也。
あまりにも高かったので一時は買い替えも考えました。
しかし・・・色々考えた結果、やはりYRVの方が落ち着くという決断に。
デッドニングをしていて、音がそれなりにいいという利点は捨てきれませんでした。
それに買い替えるとお金もかかるし、車の使用頻度も少なくなってきたからもったいないし。
となると、修理するのが一番現実的かな?となった訳です。

しかし75000円は痛かったです。いくらなんでも高くないか?と思いました。
内訳は工賃が24000円、アクスルハブベアリングが18000円、ステアリングナックルが左右10000円ずつ、ベアリングが左右3500円ずつ、あとナット等の小物で合計75000円。
部品名を羅列したのは、どれがどの部品だかイマイチ分からないから。
詳しい人誰か教えてください!

とにかく、フロントの車軸(?)を半日かけて一新しました。
泣く泣く75000円を払いディーラーを出た直後・・・なんか音が静かになってます!
乗り心地もなぜか激変!今までよりはるかに乗り心地がよくなりました。
今までは「ファンファン」と言っていた音はもちろん消えました。
それだけでなく普通に走っている時のエンジン音も1/3程度になった感じです!

よく考えてみれば、今まで焼きつきかけてた駆動輪の足回りを一新したのだから、今までよりもスムーズに回って音がしなくなるのは当然と言えば当然なのかもしれません。
しかし・・・エンジン音ここまで静かになるか?
今までとは別の車に乗っているような感じすらあります。ここまで良くなるとは・・・
逆に言うと、今までは一体どんな状態だったのでしょうか?

一体フロントの足回りがどうなったのか、具体的には分からないが生まれ変わった感じです。
フィーリングは明らかによくなりました。高速もロングドライブもどんとこいです!
このぶんならばあと5年、10万km行くまでは大丈夫そうですね。
車に乗る機会もひょっとしたら増えるかもしれません。

正直言ってびっくりしました。
どうしてこうなったのか、理屈を知りたいものです。(だから部品の機能が知りたいのです。)
これならば75000円の価値はありましたね。
次の車検も通して、長く乗っていく事にしましょう。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-02-14 20:55 | 雑記 | Comments(0)