断捨離

先日本屋に行ったら、「断捨離のすすめ」なる本が目に付きました。
ちょっと興味を引かれたので立ち読みしてみると、なるほどと思う内容でしたので、思わず購入してしまいました。

「断捨離」とは、いらない物をどんどん捨て、本当に必要な物だけでシンプルに生きる考え方の事。
最近ライフスタイルを見直し、YRVともお別れしたりして無駄を見直していた今日この頃。
そんな俺の感覚にピッタリのタイミングでいい本を見つけました。

クルマを売って帰ってきてから、早速本の「断捨離」に着手する事にしました。
(クルマを売った事も、もしかしたら「断捨離」か?)
今は読まなくなったBasser、バス関連の本、もう二度と読み返さないであろう本などなど・・・
気がつけば49冊がブックオフ行きとなっていました。

売却益はたかが知れているが、気持ち本棚がすっきりしました。
次はクルマを売った事により、ほぼ聞く機会がなくなるであろうCDに手をつけたいと思います。
これも50枚近くあるが、本当に気に入っている物は数枚。
思い出としてとっていたDo As InfinityのCDとかにも手をつける事にしましょう。

「断捨離のすすめ」曰く、思い出の品は本当に元気を貰える品以外はゴミとの事だし。
実際俺もそう思います。「モノ」というのは使ってナンボ。
使わないモノは、それを買ってしまった過去の俺の無駄使いが悪いという事なのでしょう。

手をつける部分はいっぱいありそうですね・・・
CDの次は服、釣具、押し入れにしまってあるガラクタ、会社の机etc・・・
ゴミは処分場に持っていけば処分してくれる事だし、足はレンタカーを借りればいいし。
無駄を見つめなおすのも結構面白いですね。

体も含めて、無駄な物をそぎ落とした生活を心がけていきましょう。
せっかくこんな気持ちになったのだから、しっかりと続けていきたいですね。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-06-09 17:02 | 雑記 | Comments(0)