納車!

c0001632_2042151.jpg


YRVを売却して早1ヶ月。
待ちに待ったロードバイクがついに納車されました。
写真の写り映えは良くないが、クロモリフレームと渋めの色がマッチしてかっこいいですね♪
これで俺もロードバイク乗りの仲間入りです。

心配されたドロップハンドルも、自転車屋さんから家まで走って少し慣れてきました。
しかしまだまだフラットバーほどしっかりと走れないので練習が必要です。
ただ、上り坂に関しては圧倒的にドロップバーの方が楽ですね。
体を引きつけて漕ぐ事ができ、上体の力を推進力に変える事ができるのは大きいです。

ちなみにロードバイクの簡単なスペックは以下の通りです。

フレーム Panasonic FRC03 インディゴブルー
コンポ   Campagnolo VELOCE(旧モデル)2×10段変速
ホイール Campagnolo KHAMSIN G3
タイヤ   SCHWALBE  DURANO 700×23c
サドル   selle ITALIA XO(RSR-Fより流用)
べダル  SHIMANO PD-A530(RSR-Fより流用)
お値段  26万円強(車検代+駐車場代+売却費+雑収入で十分収まりました。)


後はポンプとか予備のチューブ、鍵等の小物ですが、RSR-Fの分と別個で買う事になるでしょう。
とはいえ、ロードバイクでしばらくは夜間走行をしそうに無いので、夜用装備は最低限でよさそうです。
となると手持ちのライトで十分。
よって、ブラケットを買ってきて流用する事にしましょう。

ちなみにRSR-Fはロードバイク購入によりフラットペダル化し、普段乗り用となりました。
町田、大野、グランベリーモール、中央林間等近場に行く時はこれの出番です。
今の構想としてはライト類を充実させて、夏の花火大会見物用スペシャルにする事も考えています。
さすがにロードの夜間走行はまだ敷居が高いですからね。フラットバーの方が安心です。

今後ロードバイクの事をどう呼称すべきか・・・やはりFRC03が妥当かな?
ただカンパをつけたパナソニック乗りってそうそういないだろうし、渋めの色のロードに乗っている人もそうそういないだろうから、ある意味目立つ一台になっているかもしれません。
実際ここしばらく走っていて、パナソニックのロードを見かける事も無いし・・・
多いのはジャイアントとか、ピナレロとか、ビアンキとかですからね。
ちょっとしたオリジナリティーにはなるかもしれません。

ところで、カンパのホイールはペダリングを止めた際、「シャーッ」という音がするんですね。
(どうもラチェット音というらしいです。初めて知りました。)
たまにこの音を立てたロードに抜かれたりしていたが、そういう事だったのね・・・
当然、FRC03もペダリングを止めたら盛大に「シャーッ」となります。
この音、サイクリングロードでの危険回避に意外と有効かもしれません。

シマノだと静かな分、前の歩行者やママチャリが接近に気付かず怖い思いをする事もしばしば。
しかしカンパの大音響(実は結構うるさいw)であれば、さすがに気付いてくれるでしょう。
なので、サイクリングロードでいきなり進路上に寄ってきたりする歩行者とか、並走して話しながら走っているママチャリに対しては効果てきめん?なのかもしれません。

来週末から本格的に乗り出す事にしましょう。
まずは境川→江の島辺りから走り、慣れて行く事から始めていきましょう。
もし負荷が足りないようならば、宮が瀬とかのヒルクライムもありかもしれません。
これまた新兵器の「サイクリンク」でしっかりと心拍数を測って、効率のいい運動をしたいと思います。
結果痩せられればいいですね。スリムな体型を目指して頑張りたいと思います。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-06-27 20:53 | 自転車