実験開始

相変わらず、休日の度自転車でウロウロしています。
そして色々考える事も出てきたので、今日ちょっとマニアックな新兵器を導入してみました。
導入したのは以下3つ。

① スプロケット(12T-25Tから13T-26Tへ変更)
② ケイデンスメーター(キャットアイの一番安いやつ
③ アミノバイタルプロ

まずはスプロケット。もともとついていた12T-25Tよりもクロスレシオにしてみました。
ちなみに~Tはギアの歯数で、小さいほど高速だが踏む力が必要になります。
スプロケットを変えた訳は、52T-17Tと52T-19Tの間のギア(52T-18T)が欲しかったから。
それに加え、インナーロー(一番軽いギア)が39T-25Tから39T-26Tになるから。
たかが歯数が1個違うだけで・・・と思うでしょうが効果てきめんでした。

今までは52T-17Tだと重くて疲れる為、多少軽い52T-19Tで巡航していました。
そこで52T-18Tを導入したところ、ちょうどいい負荷となり巡航速度が2km/h上がりました。
ちょっと疲れたら52T-19Tにすればいいし、スピードを乗せてから52T-17Tにする事もできます。

ちなみに39-26Tで登坂もしてみましたが、楽になりました。
39-25Tだとちょっときついか?と思っていたのが大分違ってきそうです。
その代わり最高速は落ちましたが、どうせ52T-12Tは踏めないのでいりません。
もし踏めるようになればその時はその時です。これで7000円は正直言って安い買い物でした。

お次はケイデンスメーター。ケイデンスとは1分間のペダルの回転数の事。
効率的なペダリングを覚える為、自分のケイデンスを知る事が必要と思い購入しました。
ちなみにランス・アームストロング(ツール・ド・フランスを7連覇した凄い人)はケイデンス90程度らしいので挑戦してみたが、回す事はできてもそれを維持する事は不可能でした。
何せ見る見るうちに心拍数が上昇・・・そりゃそうですね。

まあケイデンスは高ければいいというものではなく、自分に合っているかどうかが重要。
要は自分にとって一番効率がよく、疲れにくいケイデンスを探る事が必要です。
今日走った限りだと、75~80ぐらいなのかな?とは感じましたが、まだまだ試行錯誤が必要です。

そしてアミノバイタルプロ。今までも走った後アミノ酸を取っていました。
理由は筋肉の疲労の回復が早くなるからとの事でしたが、効果は正直疑問でした。
今回アミノバイタルプロの購入に踏み切ったのはネットの評判が良かったから。
早速運動前、運動中、運動後に飲んでみました。

今日走った(70km)疲れが明日どう出るかはまだ分かりません。
しかし運動前と運動中に取った分、疲れは軽減されたような気がします。
今日の体調は前日の深酒やら寝不足やらでイマイチだったのだが、その割には動けた気もするし・・・
ただ味はまずいです。味を期待するものではありませんが、もう少し考えてくれてもいいと思います。
思えば摂取した分、尻あがりに調子が出てきた気もしますが、これも今後の検証が必要です。

色々な事を考えて試してみるのは面白いですね。
今回のスプロケットみたいに結果が出るとなおさらそうです。
いずれ200km、300kmを走破する為、まだまだ課題や疑問はてんこ盛りです。
(最近ブルベに興味が出てきました。600km走るとかって面白そうですね・・・w)
なので一つ一つ、順番に片づけていきましょう。

------------------------------------------
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-09-12 19:29 | 自転車 | Comments(0)