新たな練習コース

c0001632_20543155.jpg


今週の土日は、両日とも自転車に乗る事ができました。

土曜はいつもの湘南へ。湘南大橋の手前まで行ってきました。
最近湘南に行く時は、湘南大橋の手前で折り返す事が多いです。
なぜならば、この先の湘南大橋→花水レストハウス間は渋滞の名所。
この区間は渋滞している車に注意しなくてはいけないので、かなり走りにくいです。
その為トレーニングよりも安全優先となってしまい、運動効率もイマイチです。

そんな中10km余計に走るよりも、湘南大橋手前で折り返してしまおう・・・となる訳です。
折り返した場合の距離は往復で70km。
それだとちょっと短い気もするので、もう少し走れるコースが無いかと模索してました。

そして日曜。宮が瀬か三浦か迷ったが、三浦に行く事にしました。
目的はちょうどいい距離の練習コースを開拓する事。
横須賀から三崎辺りを目標にすれば、80~130kmぐらいにはなるかと思います。

ところで、俺の最近の目標は、「地足」の強化です。
「地足」とは、高い巡航速度のまま、より遠くへ行けるような足の事。
例えば今の俺は、信号待ちの時間を含めた平均時速が20~23km程度。
その平均時速を25km、28kmと上げていきたい訳です。

それには巡航速度を早くする事、とにかくスタミナの強化が必要です。
心肺機能、筋肉の強化、ダイエット・・・やる事は山積みです。
ローラー台を買って乗る回数を増やそうか、とか色々な事を考えます。
レースに出たい訳ではなく、より遠くに行けるようになりたいだけなんですけどね。

よって、ほどよいアップダウンがある練習コースが無いかと探していました。
湘南も確かにいいコースだが、道中藤沢の市街地や花水のように、走りにくい所もあります。
しかも道路は平坦。これはこれで休めないからきついが、追い込める区間も限られてきます。
例えば平地でスタミナ強化の為もがくと、時速40km近くは必要です。
ただもがいて余裕が無い時に時速40km・・・場所を選らばないとちょっと危険です。
これが出来るのが134号線なんですけどね。結構きついですよ・・・w

これが上り坂だと、その半分のスピードでも十分きつい為、安全にもがけます。
勾配によっては普通に登りきるのがやっと・・・心臓は当然バクバクです。
やりすぎはいけませんが、多少は自分をいじめないとレベルアップも望めません。
そうなると、やはり上りが必要だという訳です。

そんなこんなで、横須賀まで行く事にしました。
三浦半島はアップダウンが豊富で、坂道には事欠きません。
ただ今週は、オバマさんが鎌倉に行きたいと言い出した為、鎌倉は交通規制との事。
オバマさんの観光の為、右往左往する警察も大変です。
恐らく一般車は締め出される筈なので、鎌倉を経由せずに三浦半島へ行くルートを探しました。

鎌倉は普段でも観光客だらけで、自転車で走る所ではありません。
稲村ケ崎とか由比ヶ浜もしょっちゅう渋滞してます。
ならば鎌倉を避けるルートを開拓しておくのも一つの手でしょう。

今回は境川をドリームランドの麓で抜け、原宿→朝比奈→六浦と通り横須賀へ。
ヴェルニー公園で例によって軍艦を見た後帰宅。
走行距離は81kmちょい。意外にも坂道だらけでいいトレーニングになりました。

朝比奈は言わずもがなだが、原宿を過ぎた辺りにも7%程度の激坂があります。
上りになるのは復路だが、インナーローまで投入しなんとか登坂しました。
ここはヤビツ(蓑毛)とかを考えてもいい練習になります。
普段からこれを登っていると、峠道に行った時に生きるかもしれません。

ちなみに距離は、ヴェルニー公園で80kmなので、観音崎なら100kmオーバー。
三崎まで行くと130~140kmぐらいは行けますね。
時間が無い時は八景島までとするのもいいかもしれません。
江の島よりかは走りやすそうだし、選択肢の一つとしてもいいでしょう。
この辺は景色もいいので、いい練習コースになりそうです。

週末の走行距離は154km。それなりに乗りこめました。
特に日曜は補給やアミノ酸をしっかりとったせいか、調子はよかったです。
やはり補給は大事ですね。特にミネラル分の補給は重視すべきかもしれません。
というのも自転車から帰ってきた後、立ちくらみがする事があります。
恐らく何かの成分が汗とともに出されて不足している為でしょう。

この辺も色々と考えていきたいと思います。
冬用のウェアもとりあえず2回着回し出来るぐらいにはなってきました。
厚手のビブタイツがもう1着と、ウォーマー類の小物があれば後は大丈夫かな?
冬場も寒さに負けず、走り込んでいきたいです。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-11-14 21:08 | 自転車