富士山が見たくなったので・・・

今週末もいい天気でした。
よって自転車に乗りましたが、土曜日は飲み会明けで境川往復のみとなりました。

午前中は前日の酒が抜けきらずゆっくりと休んでいました。
中途半端に乗るぐらいならばローラーか?とも考えましたが、せっかくのいい天気なので外へ。
午後からだったので、日没までの時間を考えると境川往復が精いっぱいでした。

しかし・・・休日の境川は人だらけで非常に走りにくいです。
ランナー、ウォーキング、犬の散歩、ママチャリからロードまでと千差万別な自転車・・・
特に歩行者がいると、徐行していても危ない事があります。
土曜日も逆走して来たママチャリを避けようと右によけた時、右側を進行方向へ歩いていた歩行者が、後ろを全く見ずに横断してきて、危うくぶつかりそうになりました。
逆走のママチャリ+後ろを全く見ずに横断してくる歩行者と、完全にはめられているのは俺。
しかしぶつかったらこっちの責任ですからね。全くもって割にあいません。

こんな事がいつ起きてもおかしくないので、歩行者がいるとどうしても徐行します。
その分周りの自転車にはバシバシ抜かれていきますが、仕方ありません。
みんな状況判断がうまいのか、怖い物しらずなのか、俺が中途半端に減速するからいけないのか・・・
この出来事で、やっぱり休日の境川は走るものじゃないな、と実感しました。
いずれケガをするか、加害者になりそうで仕方ありません。

まあ普通の人からしたら、自転車が時速30kmで走ってくるなんて思いません。
だから予測がつかない、というのは分かるんですけどね・・・
それにしても、明らかに危ないタイミングで進路変更される事は日常茶飯事です。
サイクリングロードの歩行者しかり、交差点での右折車然り。
だから交差点やサイクリングロードでは非常に気を使います。
もっと声をかけるなり、服装やラチェット音でアピールする事も必要かもしれません。

悲しい事に、相手はこちらを意識していない事がほとんどです。
例えば交差点で、こちらが優先だと何も考えず直進したら、命がいくらあっても足りません。
俺が交差点を直進しようとしている時に、車がいなかったら右折車はほぼ曲がってきます。
そのまま行くと確実に轢かれるので、大抵俺がブレーキをかける羽目に。
自転車だってれっきとした軽車両なのだから、直進優先は当たり前なんですけどね・・・

気がついたら不満をぶちまけてました。このような事を書いた本はいくらでもあります。
日本の自転車行政は明らかにおかしいですからね。
この話はこれぐらいにして・・・最近は脚力がついてきたので、峠に行く事が多いです。
峠ならば信号も無いし、交差点も少ないし、歩行者もいないし・・・
下りの怖さと上りのしんどさはあるが、サイクリングロードよりよっぽど安全です。
こうして自転車乗りは坂馬鹿になっていくんですね・・・

前置きがかなり長くなりました。
要するに、土曜日ちょっとさぼりつつ、境川で嫌な思いをしたので、峠へ行きたくなりました。
という事で、標題にある通り富士山でも見ようかと・・・

c0001632_2035762.jpg


山中湖へ行っちゃいました!

釣りでしか行った事の無かった山中湖に、ついに自転車で来てしまいました。
案外行けるものですね。ちょっとシュールな感じです。

ちなみに道中は道志みちを通ってきました。
道志みちには道中山伏峠という峠があり、そこまで40km強の8割方が上り。
勾配もそうですが、上っても上っても続く上り坂が一番きつかったです。
その為上り終わった山伏トンネル前では思わず「ヨッシャー!」と声をあげてました。
そしてトンネル前で記念撮影。

c0001632_2094444.jpg


かなりしんどかっただけに、今まで上った峠で一番うれしかったです。
その後上った疲れからか、右ひざとか、左の太ももとか、普段だとあり得ない所が吊りそうになりましたが、何とか山中湖までたどり着く事ができました。
その分帰りの下りは気持ちよかったですね。路面の悪い所は怖かったけど・・・
朝7時半に家を出て、12時半に山中湖へ着き、日没寸前の夕方4時に帰宅。
走行距離は154kmを指していました。土曜日さぼった分がっつり走れて満足です♪

問題は体の張り。腰に少し張りが出てきたので、ちょっと休む事も考えてます。
やはりローラーを週1、ロングライドを週2の週3回が無理のないペースみたいです。
今週は水・木と時間があり、ローラーに2回乗ったのが失敗だったかもしれません。
ローラーを乗ると週末乗った時の足の回りが全然違いますが、どこかを痛めたら意味がありません。

休んで体を回復させる事もトレーニングのうちです。
3日おきに鍛える「超回復」をうまく取り入れつつ、体を絞っていきたいです。
それにしても・・・道志みち+山中湖は気持ちよかったです。
今度は日が長い時に、もっと長距離(河口湖等)を目指してみましょう。
その為にも、足をしっかりと鍛えようと思います。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-12-05 20:16 | 自転車