近所だったので・・・

昨日更新した通り、今日は自転車を休んでとある所に行ってきました。
c0001632_20181849.jpg

実は俺、バレーを見るのが結構好きです。
そんな中、家から電車で30分かからない町田にVリーグが来るとの事で・・・
c0001632_20183251.jpg

見に行っちゃいました♪

今週町田に来るという情報を仕入れ、金曜日ローソンでチケットをゲット。
試合開始1時間前のアップから第2試合終了まで、しっかりと見てきました。
まず第1試合。
c0001632_20255269.jpg

c0001632_2026417.jpg

デンソーvsトヨタ車体。
この2チームのスターティングメンバーをほぼ言えれば、結構バレー通だと思います。
この2チームとも結構強いチームなので、いきなりの好カードです。

試合は自力に勝るデンソーが優位にすすめていきました。
エベ、奥田をセッターの熊谷がうまく使っていきます。
対するトヨタ車体も、アメリカ代表センターのアキンラデェオを中心に反撃。
しかしトヨタ車体はアキンラデェオがバックに下がって不在の時に点差を広げられていきました。
デンソーはサーブで崩して、その後都築を徹底マークしていた感じがします。

結局デンソーが第1,2セットを連取。
しかし第3セット、葛和監督の激が効いたトヨタ車体が反撃。
特に眞が絶叫調でした。このセットはデンソーを全く寄せ付けずにトヨタ車体が取り2-1。
ただ次のセットは熊谷が井上、矢野のセンター線を中心とした攻撃に変えてきました。

やはり井上は凄かったですね。ブロードのスピードとキレが半端じゃありません。
トヨタ車体は対応できないままずるずると引き離されそのまま終了。
終わってみれば3-1でデンソー。これでデンソーは今年初勝利、連敗脱出です。
c0001632_20333621.jpg

試合後のインタビューでの熊谷選手。連敗が辛かったのか、涙ぐんでましたね。
結構応援している選手なので、勝ててよかったですね。

そして第2試合。
c0001632_21121389.jpg

c0001632_21123741.jpg

NECvs東レのこれまた好カード。
東レは目下2位で、NECよりも格上のチーム。
しかしながらなぜかNECを苦手にしていて、試合は毎回もつれます。
なので今回も一筋縄では行かず、フルセットの可能性も十分あるなと思っていました。

試合は案の定白熱しました。
まず第1セット。
c0001632_20374449.jpg

この大応援団に後押しされたNECが東レを圧倒し、大差でセットを取ります。
それにしても、NECの大声援は凄かったです。
こういうのって、会社で動員されて嫌々ながら応援しているのかな?と思っていました。
ところがNECが1ポイント取る度、地鳴りのような大声援が響いてきます。
この声量は明らかに好きで応援してますね、失礼しました・・・

特に勝負どころなんて声援のボリュームが半端じゃないです。
NECは完全にホームアドバンテージを持って戦ってました。Vリーグにもあるんですね。
実際に東レの若いセッター田代は、この雰囲気に飲まれていた感じがありました。
田代はいいセッターですがまだ19歳。さすがにこの状況は荷が重かったようです・・・

それでも第2セットも東レは田代を使います。
東レの菅野監督は、こうして若手を敢えて使い育てていくやり方をします。
時には1~2試合捨てる事も平気でします。
この試合も半分はそのつもりだったのでしょう。しかし第2セットは接戦になりました。

22点ぐらいまで東レもNECも一歩も引きません。
勝負を決めたのは、23-22から、NECの内田が難しい二段トスをブロックアウトとした所でした。
(ここNEC応援団から一際大きい歓声。さすがに分かってますね・・・)
内田は本当にいい選手です。こうした勝負強さは抜群です。
このセットもNECが取り2-0。ただ東レもこのまま終わるチームではありません。
第3セットどう立て直してくるのかな?と思っていました。

すると第3セットは中道がスターター。さすがにセッターを変えてきました。
そのせいか、荒木、木村、迫田が生き生きとして点数を決めていきます。
さすがは中道ですね。この辺は年期の差でしょう。
東レはあっさりと第3セットを奪取。勝負は第4セットへと持ちこされました。

第4セットは第2セットと同じ接戦。やはりお互い一歩も引きません。
僅差のまま先にセットポイントを握ったのは東レ。だがNECも追い付きデュースへ。
28-28から今度はNECが先に出ます。
しかし東レも木村、迫田を中心にくらいついてはなれません。

木村はこんな時でも冷静でした。本当にあの手この手で得点を重ねていきます。
ストレートを打つふりをして、手だけインナー側へひねってスパイクを打ったりとか・・・
相手のいない所にキッチリとフェイントを落としたりとか・・・
わざと緩いスパイクを打ってレシーバーのタイミングを外したりとか・・・
この人の引き出しは一体どれだけあるのでしょう?本当に凄い・・・
生で見て、改めて木村の凄さを実感できました。

また迫田が飛んだ時の高さが高い事・・・
生で見た迫田のバックアタックもやはり凄かったです。
この人は空中で一瞬浮いてますからね。凄いジャンプ力です。
一体どこでそんな筋肉を鍛えたのでしょう?

ちなみに迫田は鹿児島西高(俺の母校の隣の高校)出身なので応援している選手です。
去年の今頃から頭角を現し、代表で活躍したのはご存じの通り。
このバックアタックは何度見ても気持ちいいです。
代表でも江畑に負けず頑張ってほしいものです。

そんな迫田や木村がいる東レを相手にしても、NECは一歩も引きませんでした。
最後は内田のサービスエースが決まり、31-29で勝負あり。
マッチポイントで内田がサービスを打つ前、胸に手を当てて集中していたので、「ひょっとするとサービスエースを狙っているな?」と思ったら案の定でした。
先ほども書きましたが、本当に勝負強いですね。

実は俺にとって、今期NECを見るのは初めて。
セッターの松浦(麻)のトスワークが抜群だと思いました。
東レのブロックは完全に翻弄された結果、最後まで杉山、内藤の両センターと新外国人のガライを止める事ができませんでした。
杉山のブロードも凄かったですね。速くてキレもあるし、まだまだ十分代表でやれますよ・・・

去年のNECは、強い所に勝つけどとりこぼしも多いチームでした。
正直箸にも棒にもかからないチームだったのですが、今日は強かったですね。
ホームの大声援の後押しがあったとはいえ、東レに競り勝ったのは大きいです。
これで東レは3敗目。首位争いで今日勝ったJTに差をつけられてしまいました。
ちなみにファイナル出場権の3~4位争いは大混戦。
NEC、デンソー、久光製薬、トヨタ車体のどこが出てきてもおかしくない状態となりました。

今年は各チームの実力差が詰まっているので面白いですね。
そして初めての生でのVリーグ観戦。色々失敗もありましたが非常に面白かったです。
テレビと違うのはやはり臨場感。特に音の部分が全然違いました。
選手、応援団、観客の声がとにかく凄かったです。

また、プレイ中の写真を取るのは難しいですね。
選手のアップをもっと撮りたかったが、俺のコンデジと自由席からではこれが精一杯です。
次はもう少しいい席で見れるよう、チケット代を弾もうと思います。

普段やらない事第2弾、これも非常に充実していました。行ってよかったです。
今期レギュラーラウンドの関東開催は、NECのホームゲームである等々力か、パイオニアのホームゲームである東京体育館しか残っていません。
今回の町田のように近所ではありませんが、時間とチケットが取れれば行ってみましょう。
本当に面白かったです。いい経験になりました。
やはりライブはいいものです。ぜひまた行きたいですね。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-01-16 21:08 | 雑記