ハンドル&サドル交換

今日もいい天気でしたが、前回の立ちくらみを考え、ロングライドは休む事にしました。
絶好の走り日和でしたが、休む事もトレーニングの内と考えましょう。
何せ、直近の30日間の走行距離は(自分でも気付かなかったが)800kmを超えてました。
最近馬鹿に天候が安定していたのと、年末年始で休暇が重なった影響です。
たまの雨も悪い事ばかりではないんですね。

よって今日はハンドル及びサドルの交換の為、自転車屋さんへ行ってきました。
ハンドルの交換は下ハンドル時のブレーキまでの遠さを解消する為。
サドルは乗りこんで劣化した為、交換する事にしました。
c0001632_19453035.jpg
c0001632_19454018.jpg

ハンドルは店に在庫のあった物としました。
どこのメーカーの物かは不詳ですが、安くて形状が合っていたのでいいでしょう。
下手にカーボンハンドルとかにしても、俺には扱いづらくなるだけです。
俺の目的はあくまでもロングライド。極端な軽さを求めても仕方ないのでこれで十分です。

ただサドルにはこだわりました。
体が相当固い俺に合うと思われるサドルが、今回交換したフィジークのアリアンテ。
お値段は12000円。決して安くはないがまあ妥当なところでしょう。

サドル代でママチャリ1台買えますが、ロード乗りの金銭感覚は恐らくこんな感じ。
ロードバイクの価格からして、普通の人からはあり得ない値段です。
パーツもサドルだと上を見れば3~4万、ホイールなんか20万以上の世界ですからね・・・
それはさておき。バーテープの巻き方を教えて貰ったり、変速を調整して貰いつつ作業完了。
となると試したくなるのが性というもので、相模原公園→座間と周回して試走してきました。

ハンドルを変えたのは下り坂で楽になりたいから。
という事で相模原公園の前の下り坂に行くと、前よりかも格段に楽になりました。
指に遊びができたぶん、下りでのコントロールはやりやすいです。
ブレーキバーとの距離はまだ若干遠いが、前より大分マシになりました。
後は宮が瀬や道志等、長いダウンヒルでどうかですね。

そしてサドル。正直この程度の距離では良し悪しは分かりません。
最低でも80kmは乗らないとどうのこうの言えないでしょう。
試走した範囲内で分かったのは、腰はそれなりに安定するという事と、前乗りがやりにくいという事。
そして乗り味は全然問題ないな、という事ぐらいでした。

前乗りがやりにくいのは想定の範囲内。分かった上で買ったので問題なしです。
問題は100kmを超える時にお尻周辺に痛みが出ないかという事。
試走した範囲内で前が若干気になったので、家でサドルの角度を微調整しました。
微調整したのは水平になっている部分を、真ん中→前に変更。これがどうでるか・・・
俺の経験から考えると、これで前乗りも含め、問題が無くなるはず。
後は快適性なのだが・・・乗ってみないと何とも言えませんね。

という事で、明後日天気と体調が良ければ(明日は仕事)100km程度走ってこようと思います。
そこでどう感じるか。貧血と補給に気をつけて行ってきたいと思います。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-01-21 20:12 | 自転車