また休みの時に・・・

釣りに行ってから以降、どうも風邪を引いたっぽいです。
最初は喉から来たので黄砂かと思いました。
喉は1日で痛くなくなったのですが、とにかく体がだるくて気力がおこりません。
よって今週末は自転車どころで無く、体調を整えるのが先決となりました。

半年前の1週間休暇の時もこうなったっけ・・・
この時も週の頭の情報処理試験で風邪をもらい、数日体調が悪かった記憶があります。
なぜ今回のG/Wや1週間休暇の時に体調不良が重なるのか・・・

仕事の日が少ない分、どこか気が抜けているのかもしれません。
だから体調を崩すのでしょうか。後は単純に季節の変わり目という事。
こうならない為に自転車に乗っているはずなのですが、なかなかうまくいきませんね。
俺も若くないということでしょうが、自転車に乗っているからこの程度で済んでいると思いたいです。

こんな時は読書だの、自転車のパーツの情報収集だのをしています。
読書は小難しいビジネス書とか禅ではなく、久々に小説を読みました。
読んだのは太宰治の「人間失格」と竹内真の「自転車冒険記」という本。
「自転車冒険記」は小学校を卒業した少年が東京から大阪に行く事を計画する話。
やはり自転車は切り離せませんね。読んでたら熱海に行きたくなりましたw

「人間失格」は言わずと知れた名作。なぜか興味を覚えたので読んでみました。
思った通り、重い話でしたが引き込まれるように読んでしまいました。
この話は、人のいい人間が気を使いすぎることにより精神崩壊していく話。
これを書いた3ヶ月後に自殺する著者の自伝といった感じもします。

人間がみんなどこかしら持っている弱い気持ちや恐れの描写が秀逸でした。
なので、気持ちに共感できる部分が多かったのも事実です。
久々に小説を読んでみましたが、読んで良かったですね。
ビジネス書や新書ばかりでなく、たまにはフィクションもいいものです。

来週からは自転車に乗れるよう、しっかりと養生しましょう。
明日には外に出歩けるぐらいにはなりたいものです。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-05-07 09:33 | 雑記