久々+ステム交換

c0001632_19103336.jpg

釣りが中止となり、やっと自転車に乗れる日と天気がリンクしました。
という事で、早起きしてヴェルニー公園まで行ってきました。

途中信号待ちでボトルを取ろうとしたら、前輪が意図しない方向に曲がり久々に立ちゴケ(爆)
さすがにちょっと恥ずかしかったですね。
幸い俺にも自転車にも大したダメージ無く済みました。
どこに落とし穴があるか分からないものです。それ以外は行きも帰りも快調でした。

c0001632_19151599.jpg

「ひゅうが」は三陸沖に行っているのか不在でしたが、ちょっと変わった軍艦も見れました。
いつもいる船とは明らかに塗装が違います。どうやらオーストラリア海軍の船のようです。
遠くからわざわざご苦労様です。お陰で珍しいものを見れました。

ところで、サイクリングは午前中に切り上げ、午後にステムを交換して貰いました。
まずは今までのステム周り。
c0001632_19185089.jpg

購入時についてきた90mmのステムです。
下ハンを重視しブラケットを調整して貰ってからというもの、長距離を乗ると腰が痛くなってきました。
ハンドルも遠く、上体に余計な力が入ってしまう気がする為、今回20mm短くして貰う事にしました。

交換後はこんな感じです。
c0001632_2084434.jpg

交換ついでに奮発し、上位グレードのPearl(SX)にしてみました。
ロードバイク用は70mmが無く、ツーリング用をチョイス。
ついでにバーテープも、気分転換を兼ねて色を変えてみました。
クラシックなスタイルであるの俺の自転車には、こうした茶系統の色が映えますね。

ちなみに俺の自転車のステムは、ロードバイクでは絶滅危惧種のノーマルステム。
最近のピストブームで少し盛り返しているものの、ロードバイクでは見かけないステムです。
ロードバイクでは簡単に取り外せるアヘッドステムが主流。ローラー台用のRSR-Fもこれです。

アヘッドステムだとステムを交換するだけなので素人の俺でも全然可能。
ノーマルステムだと変更する時にバーテープを外して、ハンドルを通さないといけません。
なので素人だと時間がかかるので、自転車屋さんにお願いした次第です。
バーテープ巻きの工賃も馬鹿にならないんですけどね。

でも俺はこのノーマルステムの形が好きで、この自転車だとアヘッドステムは考えられません。
ホリゾンタルのフレームと合わせ、自分の自転車ながら見てて惚れ惚れします。
だから工賃がかかるのも仕方ありません。自分でやると確実に日が暮れるし・・・
ここは素直にプロに任せてしまうべき部分でしょう。

ピストも似た形なので格好は好きなのですが、シングルスピード(変速無し)が理解できません。
やはり色んなところを走ってナンボなので、俺に変速は絶対に必要です。
ピストにはピストの良さがあるんでしょうけどね。
ただピストのお陰でノーマルステムが作られているようなものです。
だからこうしてステム交換をお願いできる訳です。ピストブームに感謝ですね。

交換後、自転車屋さんからの帰りに少し乗ってみました。
坂を登ってみたところ、20mm近づけただけあって自転車を引き付けやすくなってます。
これは上りで効果大です。それに加えて通常時の腕のポジションにも余裕があるし。
明日午前中に走りに行くつもりですが、その時が楽しみになってきました。

こうして少しずつ理想の形に近づいていきます。
次はクランク交換を考える順番になりそうです。
軽めのギアを使う事が多い為、俺にはコンパクトクランクの方が効率が良さそうです。
リアのスプロケットのギア比も含め、色々と考えていきましょう。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-06-04 20:32 | 自転車 | Comments(0)