梅雨と試験勉強の合間に

c0001632_1941575.jpg


週末を狙い撃ちしたかのように梅雨空が続いています。
しかし、日曜の午前中は雨は降らないとの事。
という事で、夜からの雨で濡れた路面が乾くか乾かないかの内に小田原まで行ってきました。

試験勉強や雨予報もある為、朝5時にスタートし小田原へ。
この時期、4時には明るくなるので早起きして自転車に乗る事ができます。
朝は車も走っていないから気持ちいいんですよね♪
その気になれば平日でも出来るかもしれません。

今回はいつもよりも遠回りして小田原まで行く事にしました。
通常であれば、小田原へ行くのであれば境川を南下します。
しかし境川のサイクリングロードは路面が乾ききっていない可能性がありました。
路面が極端に濡れていると、泥が跳ねて自転車が汚れるから嫌なんですよね。
よって境川よりかは路面状況が良さそうな環状4号を選択。
環状4号も路面状況は完璧ではありませんでしたが、まあ許容範囲内でした。

よって小田原へは、環状4号→朝比奈→鎌倉→江の島経由で行くことにしました。
朝比奈→鎌倉経由としたのは、由比ヶ浜の海が見たかったのと、鎌倉までの坂を登ってみたかったから。
坂は短いながらも登り応えがありました。思わず笑えるぐらいに面白かったです。
今後もっと走ってみましょう。勾配も8%程度と手頃だし、逆側からも面白そうだし。
いつもの環状4号の部分(トンネルまでの登り)とは大違いでした。
当初はあれでも結構きつかったのですが・・・俺も少しは成長しているようです。

朝比奈を登った後は若宮大路に入り由比ヶ浜へ。
ただ日曜だからか、朝7時だというのに由比ヶ浜はサーファーだらけでした。
道路も渋滞していたし、みなさん好きですねえ・・・
まあ俺も人の事を言えたたちでは無いか・・・

その後はいつものルートで小田原へ。
足が回る分心拍数は高めでした。これはこれでいいトレーニングになりそうです。
心肺機能を鍛えるにはうってつけでしょう。
下りで休めてしまう山と違い、平地を延々走るのも意外とキツイものです。

小田原へは朝9時すぎに到着し、堀を見ながら羊羹を食べ、冒頭の写真を撮って帰宅。
ちょうど昼前に戻り、走行距離は129kmとなりました。
早起きしたお陰でこれだけ走ってもまだ昼前。試験勉強や買い物もしっかりする事ができました。

ところで、今日は先日購入した新しいタイツを履いて行きました。
購入したのはパールイズミの「コールドブラック」というビブタイツ。
やはりロングライドにはお腹の締め付けやタイツのずれが無いビブが楽です。
ただトイレはめんどくさかったですね。まあ仕方ありませんが・・・

問題はこのタイツにしても尿道の圧迫感が出たこと。
このタイツはパッドがいいので尿道の圧迫感は出なくなると思っていました。
しかしそうはいかず・・・これはサドルの問題と思われます。
今俺が使っているアリアンテはお尻をしっかりホールドする為角度がついています。
どうもそれが災いし、尿道の圧迫感の原因になっているっぽいです。

俺はサドルに座る際、坐骨の骨盤で体重を支える乗りかたをしています。
アリアンテだとサドルの後ろに角度がついている分、骨盤が前倒し気味になります。
そうなると尿道に体重が乗り、それが圧迫感の原因なのでは?と感じました。
俺は正座をする家で育ったせいか、骨盤をまっすぐに立てやすいっぽいです。
となると、サドルに角度がついていない物の方がいいのでは?と思いました。

家に帰り、自転車を掃除する際とりあえずサドルのセッティングを弄ってみました。
しかしこのサドルだと、元々角度がある分セッティングを平行にするにも限界があります。
もしかしたらうまく行くかもしれませんが、俺はサドルの上で頻繁に腰を前後に動かします。

峠道のアップダウンでは後ろに重心を掛けるし、平地では前乗り気味になるし・・・
なので、角度のついた後ろの部分をどうしても使わないといけません。
そうなると骨盤が倒れ尿道に圧迫感が・・・
じゃあ後ろ乗りをやめれば?となるとどうしても前荷重になる下りが危険です。
なので俺の場合、後ろ乗りは絶対にやめられません。

となると、サドルの交換を考える必要がありそうです。
サドルは難しいんですよね。今回のアリアンテみたいに座ってみないと分かりません。
アリアンテも自分の体の固さとか、色々考えて選んだだけに、こういう事態は予想できませんでした。
サドルはみんな好みや骨盤の形が違う為、絶対的な正解はありません。
なので出てきた問題点を考慮して、自分の尻に合うのを探すしかありません。

今のところ、同じフィジークのアリオネか、セライタリアのフライト、SLRが有力候補。
俺の骨盤の形状を考えると、案外レーシーなモデルでもいいかもしれません。
実際結構レーシーなセライタリアのトランザムでそんなに違和感もなかったし。
サドルも含め課題は多いです。まあこれが面白いんですけどね。

なにはともあれ、今回もいいサイクリングでした。
今後は埼玉方面も攻めてみたいと思います。
サドルについてはおいおい考えていきましょう。
もっと遠くへ楽に行けるよう、平均速度や走れる距離をどんどん上げていきたいです。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-06-12 20:12 | 自転車 | Comments(0)