急がば回れ?

先週、宮が瀬に行った後に頭が痛くなりました。
その時は足も回らず、調子もイマイチ・・・
なんとか帰ってきた後、久々にバファリンのお世話になる羽目となりました。

よくよく考えてみたら、その週は前の土日合わせて200km。
そして水曜日休みだったので80kmと、280kmも走っていました。
それに加えて宮が瀬ヒルクライム。さすがにやりすぎだったようです・・・

遠くへ行きたい、早く体重を絞りたいのはやまやまです。
しかし「限度」というものがあるみたいで、体がついていけず悲鳴をあげる時があります。
次の週の月曜日も何となく心拍数が高いような感じがしました。
階段や坂道でも簡単に息切れするし・・・明らかにオーバーワークの兆候です。
こうなったらとにかく休養して、体の調子を元に戻すしかありません。
という事で、今週はローラー台を飛ばし、土日の距離と強度を控えめにする事にしました。

昨日はまあこれぐらいならいいか、と足慣らしに三増峠へ行き58km。
そして今日は横須賀のうみかぜ公園までLSDペースで行き86km。
c0001632_16432440.jpg

帰りは飯田牧場のソフトクリームを食べて帰ってきました。
1週間しっかりと休んだお陰か、調子もまずまずでいいトレーニングになったと思います。

最近取り組んでいるのは、「LSD」というトレーニング。
LSDとは、「ロング・スロー・ディスタンス」の略で、長い距離をゆっくりと走るトレーニングです。
心拍は最大値の60%程度で、それを3~4時間程度続けるのがいいそうです。
LSDの効果は、

 ①脂肪燃焼の効率が一番高い運動強度である為、減量が期待できる。
 ②長い時間無理なく有酸素運動をする事により持久力が上がる。
 ③ゆっくりとした速度で走る為、フォームをしっかりと固める事ができる。


との事で、今の俺にはぴったりのトレーニングです。
ただ難点は運動強度を抑えないといけない為、坂とか峠には行けなくなる事。
俺の場合、ちょっとした坂や峠に行くと、すぐ最大値の80~90%の心拍数になってしまいます。
なので、LSDで行ける所となると、横須賀か小田原、湘南の平地に限られてしまいます。
もはや「坂バカ」と化しつつある俺にとっては、正直辛いトレーニングです。

しかし、峠の行き過ぎでオーバーワークになってしまっては何にもなりません。
今の俺には、峠に頻繁に行くだけの体力はまだ無いという事でしょう。
確かにデブが相模湖→裏相模湖→宮が瀬なんてのを頻繁にやっていたら体にも来るわな・・・
坂に行きたければ、今は我慢して体重を落とすのが先という事でしょう。

LSDばかりやっていても体力が低下するそうなので、月に1,2回は山やロングライドもいいでしょう。
ただ普段は、小田原とか横須賀の平坦地をLSDでじっくりと乗り込んだ方が良さそうです。
南に飽きたら埼玉や都心方面を開拓するのもいいでしょう。ただし平地で。
所沢とか、川越とか、浦安とかを目指してみるのもいいかもしれません。

ちなみに帰ってから、PRO3の前後をローテーション。
交換後1000km弱走って、リアが少し平らになってきたので替えてみました。
この状態からさらに1000km程度走ってみて、様子を見ようと思います。
このタイヤ、柔らかいと言われていたがさすがに2000kmは持ちそうですね。
これならば安心して使う事が出来そうです。

オーバーワークにならないように気をつけつつ、トレーニングに励もうと思います。
この前の健康診断でも内臓脂肪はかなり減っていたので、もう少しですね。
ただこの時も血圧が高めで、オーバーワーク気味だったと思われます。
自分の体を壊さないよう、少し力を抜いて楽しみつつ乗りたいですね。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-07-03 17:08 | 自転車 | Comments(0)