坂バカ魂?

c0001632_19425276.jpg


ここのところ仕事が立て込んでいる中、今日は貴重な休み。
なので軽く自転車に乗って気分転換でも、と思い横須賀へ行きました。
今日は軽めにして70km弱で引き上げようか、と最初は思っていたのですが・・・

横須賀からの帰り道で、三浦半島の西岸へ抜けるルートを新規開拓する事にしました。
その為横須賀の市街地から衣笠へ抜ける道へ自転車を向けました。
実はこの道、横須賀の中心部を抜けてすぐに激坂があります。素晴らしいですね!(何がだ?)
推定斜度は7%程度。距離は短いがヤビツの蓑毛並みの坂です。
今日は仕事の疲れを癒す為まったりモードだったのですが、この坂でスイッチが入ってしまったようです。

衣笠を抜けてからは葉山方面へ行き、半島の西海岸へ出る事にしました。
その途中、「湘南国際村入口」の交差点に偶然差し掛かりました。
実は湘南国際村への道は、神奈川ではトレーニングに有効だと有名な坂道です。
だが俺は、今までこの道へは行った事がありませんでした。
いずれ機会があれば登ってみたい・・・と思っていた道がすぐそこにあります。
行く予定は無かったのですが・・・これは行くしかないでしょう!

という事で、葉山に向けて直進する予定だった交差点を、湘南国際村方向へ左折。
いきなり9%の坂が待ち受けており、思わず笑いがこみあげてきました。(爆)
激坂を見ると笑いがこみ上げる俺、完全におかしな人になりつつありますね・・・w
(自転車雑誌で同様の人は見かけましたが、やはり坂バカです・・・)
9%の勾配をやっと登りきった後は、7%がダラダラ続きます。
頂上まで1kmぐらいはあったでしょうか・・・噂に違わぬ登りがいがある道でした。

湘南国際村から葉山に降りてきて、ガラガラの134号を快走。
葉山→逗子の134号線は、道が狭い上に混む事が多いです。
なので普段はあまり近づかないのですが、今日はガラガラで気持ちよく走れました。
この辺は非常に景色がいいので、こういう日に来て正解でした。

この後は逗子→鎌倉へ。予定よりも距離を走った為、大仏坂(それほど斜度が無い)→藤沢→境川で帰ろうとしていましたが、鶴岡八幡宮周辺は今日も相変わらずの人出です。
鎌倉は修学旅行客が多いらしく、若宮大路はいつも大賑わいです。
これだけ若宮大路が混んでいると、大仏坂もかなり混んでいると思われます。
という事は、若宮大路を左折(大仏坂方向)するよりも右折すべきでしょう・・・

ちなみに若宮大路を由比ヶ浜から鶴岡八幡宮に向かっていき右折すると・・・?
よく行く朝比奈の切りとおしです。ここは環状4号から登ると7~8%のつづら折りの坂。
鎌倉から行く場合はそこまで斜度は無いものの、5%程度の坂がダラダラと続きます。
(環状4号から行く場合、このダウンヒルが気持ちいいんですよね。)

湘南国際村を登った上に朝比奈まで登るか・・・?
少し迷いましたが、走りにくいより大仏坂よりかは、朝比奈を登った方が面白そうです。
朝比奈も機会があれば鎌倉側から登ってみたいと思っていましたし・・・
という事で朝比奈切りとおしを鎌倉側から登坂することにしました。

登りきる頃には息も絶え絶え。ダラダラと登る坂や峠はペースが掴みにくいです。
斜度はそれほどでもないが、こういう坂は抜くところも無いのが辛いところ。
急な坂を登って、ダラダラとしたダウンヒルが続くのが俺の好みですね。

鎌倉側から朝比奈を登坂しましたが、ここから帰るとなると道中に小雀の激坂があります。
この坂も距離は短いが推定勾配9%の激坂。ここまで来たらこれも登るしかないでしょう!
登らないとそもそも家に帰れないし・・・

という事で、横須賀に行ったのになぜかヒルクライム三昧のサイクリングとなりました。
あちこち寄り道もした為、気がついたら走行距離も103kmになっていました。
今日の獲得標高は、もしかしたら宮が瀬1回分を超えているかもしれません。
足はよく回りましたが、疲れも宮が瀬に行くより残っている感じがします。

ただ今日はいつもにもまして楽しかったです。やはり坂や峠があると違いますね。
登りで自分に余裕が無くなる分、全ての物事を忘れる事ができるからでしょうか・・・?
それとも坂を登りきった達成感にハマっているからなのでしょうか・・・?
理由は分かりませんが、完全に坂バカと化している模様です。

恐らく今晩はぐっすり眠れる事でしょう。仕事の疲れもかえって取れていいかもしれません。
涼しくなってきたお陰で、今月はコンスタントに乗りこめています。
なのでもっと新たなコースや坂道、峠道を開拓しつつ、楽しんでいきたいです。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2011-10-20 20:16 | 自転車