年末にトラブル連発

来週の今日はもうお正月、今年もあと1週間です。
今年も色々な事があった分、本当に1年が過ぎるのが早かったです。

さて年末を迎え、自転車も大掃除と乗り納めをしなくてはなりません。
ロードバイクを買って1年半。大掃除をするには手をつける所も多そうです。
という事で、今週は土曜日を大掃除にあて、乗るのは日曜のみとしました。

土曜日はまずディグリーザーを使ってフレームとギアを徹底洗浄。
その後はバーテープ、リムテープ、チューブの交換と、タイヤの前後ローテーションを実施。
特にリムテープの交換は苦戦しました。自転車のメンテはなぜこうも力を要するものが多いのでしょう・・・

バーテープの交換は、今回初めて自分でやってみました。
やはりプロの自転車屋さんと比べるとひどい仕上がりです。
ブラケットの部分は緩いわ、巻き方が均等でないわ・・・まあ最初はこんなものでしょう。
巻き替え自体はそんなに難しくなかったので、ダメなら交換すればいいし。
走っている途中に緩みはしてこないので、しばらくはこのまま様子をみてみましょう。

チューブもラテックスからブチル(R-Air)へ交換してみました。
やはりラテックスは空気の漏れが大きい分、ロングライドだと心配です。
ポワンポワンと跳ねるような乗り心地もあまり好きではないし・・・
という事でR-Airに戻してみました。
R-Airは薄いチューブですが、パンクは空気圧さえ管理すれば大丈夫でしょう・・・

のはずだったのですが、日曜日見事にパンクしてしまいました。
ロードバイクに乗り出してからは初めてです。
この日は八景島→ヴェルニー公園(三笠公園?)→湘南国際村→逗子あたりを考えていました。
ところが横須賀へ向かう途中でパンクし、田浦駅前でスペアチューブへ交換する羽目に。
こんな事もあろうかと、大掃除の時にミニポンプの使い方を確認していました。
これが功を奏し、多少手こずったものの1時間ほどで修理して無事帰宅する事ができました。

やはりR-Airは薄くて軽い分、扱いはシビアです。
家に帰って調べてみたら、チューブに小さな穴が開いていました。
タイヤに異物を踏んだ跡は無い為、恐らく最初の空気の入れ方がまずかったものと思われます。
このチューブはバルブを一度押しこんでから空気を入れないと、形がいびつになりパンクするらしいです。

がさつな俺にとって、こうした細かい注意が必要な道具はあまり向いていません。
という事で、チューブをスペアチューブと同じヴィトーリアの安いブチルへと交換。
別にレースに出る訳ではなく、ロングライドを快適に走りたいだけなのでこれで十分です。
このチューブは2000kmほど使っていますが、まあ次のタイヤ交換ぐらいまでは大丈夫でしょう。

ただサイクリングは田浦駅前で中断した為、78kmで終わってしまいました。
予定では120km程度じっくりと乗り、事実上の乗り納めにする筈だったんですけどね・・・
先週の日曜日もリアのホイールに傷が入り、ブレーキに干渉するトラブルがありました。
この時は自転車屋さんに直行した為、走れたのはわずか42km。
このところこうしたトラブルが相次ぎます。まあこんな時もあるので仕方ありません・・・

とはいえ、年内の休日は木曜日と大みそかの2日のみ。不完全燃焼続きでどうも締まりません。
このどちらかで満足いくサイクリングをして、しっかりと今年を締めくくりたいものです。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2011-12-25 18:02 | 自転車 | Comments(0)