紅白の感想

あれから一体何度、「パレオはエメラルド」と藤本美月のバク宙を見たでしょうか・・・
やっと、冷静にSKE48の紅白を振り返る事ができそうです。

今回の紅白で、なぜそこまで感動したか。
まず背景として、AKB48の「刺身のつま」では無く、「SKE48」単体として出場した事です。
  
これまでの紅白でSKEは、AKBの「バックダンサー」として出場していました。
確かに「AKBあってこそ」のSKEでしたが、今やダンス、歌唱力ともSKEの方が上。
それがやっと認められ、「SKE48が見たい!」となった事が嬉しかったです。

ここまで到達するのにSKEは4年掛かりました。当然紅白は大事なステージ。

そんなステージに、藤本美月という「研究生」にバク宙をさせたSKE。
それに応えた藤本美月と、無茶を承知で命運を託した「SKE48という組織」両方の凄さ。
そしてメンバーの気迫。

こうした事が重なって、涙が出るような「感動」を生んだと思われます。
本当にやる方も凄かったが、やらせる方もよくやらせたな、と後から考える度に思いました。

それと比べてAKB48はいつもの人文字で何のインパクトも無し。
「UZA」も目立つのは松井珠理奈や渡辺美優紀等、いわゆる「支店」のメンバーばかり。
※本店 ・・・ AKB48 支店 ・・・ SKE48,NMB48,HKT48等

AKB48でも頑張っている子はたくさんいます。
ただどうも、「推す」メンツを間違えている気がします。
なので、「AKB48」内部での世代交代もうまく行かないのではないか、と思います。

中塚智実が言うように、「AKB単独で紅白に出たい。」が正解なのではないでしょうか。
例えばシングルリリース等で前に出てくる「選抜」。通常選抜枠は16人です。

AKB48の選抜枠は、「支店」のエースで6枠(3×2)が埋まります。
残りは10枠ですが、いつもの「超選抜」面子+島崎遥香で埋まり何の変貌もなし。
これでは、非選抜の子達のモチベーションがあがるとは思えません。
高橋みなみが映画の予告編で言うように、「これだとAKB終わるわ。」と思います。

AKBの運営は今年、もう少し考えるべきだと思います。
まずは「支店枠」を撤廃する事。AKBは今の阪神タイガースみたいな事になってます。

優秀な若手はいるけれども、余所から人を連れて来て枠を埋める為に成長しないAKB。
逆に若手に「試練」を与える事で、成長を促すSKE。
将来、どちらが上になるかは言うまでもありません。

散々語りましたが、俺をアイドルにはめたのはAKBです。
ただ今の現状を見ると、SKEが素晴らしかった為こうなってます。

AKBにも頑張っている子、好感が持てる子はいっぱいいます。
その子達を正当に評価し、使っていけばまだAKBも捨てたもんではないと思います。
SKEとAKBが切磋琢磨していける関係になり、それにNMBやHKTが絡む。
そうなると一番いいのですが、どうなんでしょう。

ちょっと極端かもしれませんが、紅白のパフォーマンスから俺はこう感じました。
SKEを見習い、俺も「若手」を育成する為、どんどん無茶ぶりすべきだと思いました。

こうしてアイドルから様々な事を学べます。本当に人生勉強になります。
頑張っている人達が報われてほしいとともに、頑張る事が楽しい事を覚えてほしいです。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-01-03 12:29 | SKE48 | Comments(0)