どうなの?これって・・・

久々にF1をじっくりと見た。
今年から、レギュレーションが大分変わっているらしく・・・

・タイヤ交換 不可!
・予選→本戦間のマシンセッティングの変更 不可!

となっているらしい。

今回はヨーロッパGP。
終盤に差し掛かった頃、先頭はライコネン、追うアロンソという展開に。
ただし、両者ともタイヤ、相当やばい・・・
アロンソの車、フロントずるずる。
ライコネンなんか、マシンに振動がくるほどになってしまっていた。
そして非常にもファイナルラップ。
ライコネン、ついにサスが振動に耐えかね、リタイヤ・・・

結局、アロンソが勝利!
勝利したアロンソ、マシンから降りた後、よく持ってくれたとタイヤを叩いて喜んだ・・・
こんなの、レースといえるのか?

一体、F1とは何を競わせたいのか?
マシンの作成度合い?それもいいだろう。
ドライバーの腕?それもいいでしょう。
しかし、タイヤにやさしいマシンが最後に勝つ!それでいいんだろうか・・・

何か釈然としないものを感じたな、正直。
タイヤが磨り減り、グリップのないマシンを操るのが危ないなんて、素人の俺でも分かるが・・・
このままじゃ、いずれ死人が出そうな気が・・・
セナの死後、安全に気を使ってきたのじゃないのか?

おお、インディ500が始まったw
こっちの方が、レースとして面白そうだ。
(オーバルは、イマイチだとも思うがw)
[PR]

by yrv9985-2450 | 2005-05-30 01:52 | 雑記