信任投票 その2

峯岸みなみの坊主事件もそうですが、最近ショッキングな出来事が多すぎます。
書きたい事はこれでもかとありますが、まずは信任投票事件の顛末から書きたいと思います。

期間が空いたのでおさらい。
1週間前のリクエストアワー(以下リクアワ)で、支配人の信任投票が行われました。
俺は、湯浅さんは「AKBの事をもっと考えてあげるべき」と不信任に投票。
芝さんは紆余曲折の後、信任に投票しました。

結果は、SKEの元支配人である湯浅さんのAKB支配人への移籍は「不信任」。
芝さんのSKE新支配人への移籍は「信任」されました。
そして湯浅さんは「AKB支配人研究生」となった事までが、前回のおさらいです。

リクアワはYoutubeで配信していましたが、支配人発表の時は見ていませんでした。
なぜなら回線があまりにも繋がらなかったので、ネットで結果をチェックすればいいや、と。
よって信任投票の結果もネットで知り、その後メンバーの「Google+」での投稿をチェックしていました。
※Google+ ・・・ メンバーの投稿がストリーム画面でリアルタイムにチェックできる。

すると、48G総支配人となった戸賀崎さんから、湯浅さんとメンバーが泣いている投稿があがりました。
泣いていたメンバーは矢神久美、桑原みずき、平松可奈子の卒業を発表した1期生3名。
大の大人と1期生3人が集まって泣いている。ただ事ではない事が起きたと感じました。

そこでストリームを遡ってみると、桑原みずきから怒りの投稿が。それに平松可奈子も続く。
どうやら、湯浅さんを「不信任」した事が、「湯浅さん個人」を否定したとメンバーにとられたみたいです。
その後、病床に伏せっている筈の松井玲奈、高柳明音と中心メンバーからも怒りの投稿が続きます。
挙句の果てに、普段おとなしい向田茉夏までもが参戦。
これはSKEを揺るがす大事件となってしまいました。

リクアワでどういう発表の仕方をしたか知りませんでしたが、メンバーが怒りを感じた事はショックでした。
俺が湯浅さんを「不信任」にしたのは、湯浅さん個人を否定した訳ではありません。
むしろ湯浅さんは、SKEの支配人としては決して間違っていないと今でも思ってます。
この人がいなければ、今のSKEは間違いなく存在していなかったでしょう。

ではなぜ不信任にしたか。それは「AKBの支配人」となる覚悟が出来ていないように感じたから。
所信証明演説で「SKEの為に頑張る」は、「AKBの支配人」としては違うと感じました。
前にも書きましたが、AKBの支配人になるのであれば、まずAKBの事に全力を尽くすべきです。

すなわち俺は、湯浅さんの「仕事」と「人柄」は別にして考えました。ビジネスとはそういうものと思います。
人間としていい人でも、仕事を共にする上では迷惑が掛かるので最悪、という例も結構あります。
今回の件はそういう感じを受けたのに加え、情を抜く為もう少し時間が必要かな?とも思いました。
だから「支配人研究生」という処置は、「妙手」と俺は感じました。

しかしメンバーは、「私たちの大事な仲間に恥をかかせた」と感じたようです。
どうやらリクアワの発表時、茶化したような言い方をしていた模様で、それが原因だったのでしょう。
結果として、俺は応援しているメンバーを傷つける行動をとった事となり、それがショックでした。
と同時に、もう少しまともなやり方は無かったのかと、運営に憤りも感じました。

そして今回の件から俺が感じた事は2つ。
まず、男性と女性では物事に対する捉え方がここまで違うのだな、という事。
男性はこういう時、個人の人柄よりも「組織としてどうか。」という事を重視する気がします。
それに対し女性は、「身近なコミュニティ」をまず大事にするんだな、と改めて思いました。
でないと、今回の「不信任」に対する怒りの説明がつきません。

それともう一つ。やはり「言うべき事を言った」方が、いい結果をもたらすという事です。
今回SKEの新支配人となった芝さんも、不信任になりかねない状況でした。
そこで芝さんは追加コメントを出し、大島優子もGoogle+上でコメントを発表。
内容はともかく、それぞれが思いを発信した事で、「信任」という結果が出たと思います。

対する湯浅さんは「黙して語らず」で、追加コメントもありませんでした。
見かねた高柳明音が援護射撃をしようとしたようですが、湯浅さんが止めたみたいです。
恐らく自分の事でメンバーに負担を掛けたくなかったのと、評価は人がするものだから、自分からどうこう動いても仕方ない、という思いがあったのではないでしょうか。

気持ちはよく分かりますが、思いを飲みこんだ結果として、「不信任」となりメンバーを傷つけた。
追加コメントや高柳明音の援護射撃があれば、結果は変わったかもしれません。
一時のやさしさ、美学だけではいい結果は生まないのだな、と改めて感じた次第です。
俺も湯浅さんみたいな傾向があるので、こうした点は気をつけるべきだと感じました。

この事件から1週間経ち、表面上は沈静化していますが、メンバーに禍根が残ったのは確かです。
今後悪影響を与えなけれいいが・・・と思っていた矢先の峯岸みなみの坊主事件。
これは48G内の問題で収まらず、世界にも報道された社会問題と化しているだけに心配です。

俺にとってアイドルとは、幸せそうに笑っていてくれればいいんですけどね。
それには本人が充実しているのが一番。
SKEが好きになったのもメンバーの充実した笑顔が見れるからです。

最近は48G全体でおかしなことばかり起こるので、見ていて心配になります。
こういう時は総責任者である秋元康が出てきて、何らかの動きがあって然るべきなのですが・・・
彼女達の今後が心配です。安心して彼女達を応援できるようになってほしいです。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-02-02 05:57 | SKE48 | Comments(0)