考察3 名古屋遠征計画

1週間休暇は終わりましたが、1日仕事に行って今日は休み。
そこで、先日当選した研究生公演を見ながらブログを更新しています。
改めて見返しても、新土居沙也加の天然ぶりが面白い。
そして会場のボルテージが明らかに高い!この公演大当たりだったんですね。
こういう時マルチディスプレイは便利です。

さて、考察その3は名古屋への遠征計画について。
この前遠征したばかりなのに何を言っているんだ?と思うでしょうが、今後も行く予定なのでこれは大事。
となると、今後もSKEの公演に行く為にはどのようにすればいいか。
公演が当たる事はさておいて、まず神奈川から名古屋に行けるチャンスについて考えてみました。

のぞみを使えば、夜公演後に名古屋からの日帰りも一応可能。
ただ平日の公演は18時半開演の20時半終演。
ハイタッチ等が終わるのは21時過ぎで、そこから帰宅するのは23時過ぎになると思われます。

平日に連休が取れるのは1週間休暇の時だけなので、次の日の仕事を考えると23時帰宅はきつい。
それに名古屋は遠いので、新幹線が止まって帰れなくなったら次の日の仕事に穴が空きます。
こんな事で仕事に穴を空けるなんて社会人失格なので、今日みたいな休みでは名古屋遠征は不可能。
平日休みの遠征は1週間休暇のみしかできないという事になります。

となると遠征に行けるのは休日のみ。
休日は昼公演(13時から)もあるのでスケジュール的には余裕があります。
また夜公演も、3月から開演時間が17時半から17時に30分早まるようです。
これは何気にありがたい変更で、日曜夜公演が19時に終了するとして、21時過ぎには帰宅可能。
21時ならばまだ日帰りもありかな?という感じにはなります。

とはいえ、日曜夜公演は前述の理由でパス。となると可能性は土曜の昼、夜公演と日曜昼公演の3つ。
倍率は高くてなかなか入れないと思われますが、名古屋に移住する訳にもいかないので仕方ありません。

ちなみにSKEの公演倍率は、去年6月時点でチームSで平日50倍、研究生で平日30倍程度らしいです。
という事は、2/21の研究生公演に当たったのすら奇跡的な事だったという事でしょう。
今は当時よりも人気が上がっている為、もっと倍率は上がっていると思われます。
この前のKⅡ公演でも過去最高倍率を更新したと言っていたし・・・

AKBは倍率100倍と言われていますが、休日のチームSやKⅡはそれに近いものがあるかもしれません。
仮に倍率100倍とすると、週3回応募できるので当選するのは33週に1回。
1年が52週なので、半年に1回行ければいい方だという事になります。
となると、一番現実的なのは1週間休暇で集中的に申し込む事なんですね。

これぐらいの頻度だと、移動費はそこまで考えなくてもいいのかな?とは思います。
半年に1回の遠征ぐらい、のぞみでゆったり行ってもいいような気がしてきました。
ただ安く済ませられるのであれば越した事はありません。
そこで色々調べたら、ツアー形式だと使える新幹線は限られますが15000円強で往復可能。
あと1000円~2000円出せば1泊する事もできます。

この前の遠征は馬鹿正直に正規料金で行ったので、往復+1泊で25000円掛かりました。
このツアー、新幹線は早朝もしくは夜遅めののぞみかこだましか使えません。
なので移動に制約がありますが、1万円浮かせる事ができるのは大きいです。
こんな事ならばもっとちゃんと調べるべきでした。

しかも夜遅めののぞみが使えるのは大きいです。土曜夜公演日帰りの時なんかは重宝しそうです。
昼公演の時でも、うまく行けばのぞみを使う事が可能。(15:43名古屋発、結構ギリギリのライン)
頻繁に行くとなるとこの1万円の差はデカイです。しかも前日まで申し込み可能だし。
なので次行く時は、可能であればこのプランを使ってみたいと思います。

こうして色々書きましたが、一番の問題は公演に当たる事。
3/2(土)のチームE公演の遠方枠も応募しましたが見事に外れ。まあみんな見たいわな・・・
こんな事なら、4/24の武道館すら入れるかどうか怪しくなってきました。関東もSKEファン多いし。
人気があるのはいい事です。彼女達はとにかく一生懸命ですからね。

俺に出来る事は、めげずに打席に立ち続ける事だけです。振らないと話になりません。
名古屋遠征はお金が掛かるので、今ぐらいの頻度が実はちょうどいいのかもしれません。
下手に行けると通ってしまいそうだし、のめり込み過ぎると危険な感じもします。

まあ神奈川からSKEの研究生を見に行く時点で、十分ぶっ飛んでいる気もしますが・・・
自分にプラスになるように、ほどほどに楽しんでいきたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-02-27 07:31 | SKE48 | Comments(0)