総選挙開催決定

AKB48の総選挙、今年もやるそうです。
去年からの変更点は以下の通りとの事です。

・候補者は48G全員から、希望者による立候補制へ変更。
・4年以上在籍した卒業メンバーは立候補の権利有。
・劇場版(メンバー個人の握手券+CD)への投票権の追加。


去年の総選挙は、俺がSKEにはまるきっかけの一つとなったイベントです。
64位以内にSKEメンバーは15人も当選。
特にアンダーガールズ(17位~32位)には8人もランクインし、SKEが大躍進した選挙でした。
今年はというと、希望者による立候補制とというのが何とも言えないところです。

この総選挙はあくまで、「AKB48」のシングルの選抜メンバーを選ぶ選挙です。
すなわち、「SKE48」のメンバーが出馬しなくてはならない義理はありません。
ただ、全国に名前を売るのには非常にいい機会。ここをどう捉えるか。
一概に全員立候補すればいい、という訳でも無いような気がします。

今の所SKEで立候補を表明しているのは岩永亞美と松村香織、北原里英の3名。
北原里英は元々AKBのメンバーなので当然。
岩永亞美と松村香織は研究生という立場なので目立ってナンボ。これも当然と言えば当然です。

問題は選抜クラス。現在AKBとSKEを比べると、人気と知名度以外ではSKEの方が上。
そんな中、AKBの選抜を目指す事に一体どれだけの意義があるのでしょうか・・・
個人的には、SKEに関してはW松井クラスを含め「出馬しない」というのも有な気はします。

この辺の考え方をメンバーに任せたという事でしょう。
問題は、「出馬しないとやる気が無いように見えるから出馬する」という事がなければいいのですが・・・
48G全体のDD(誰でも大好き)と化しつつある小林よしのりさん曰く、「特攻隊の志願」と同じとの事。
俺も同じ事を感じました。例えは極端かもしれませんが色々物議を醸しそうです。

※特攻隊の志願 ・・・ 太平洋戦争末期の「特攻隊」は志願制。
ただ現場では志願しないといけないような雰囲気となり、事実上ほぼ強制だったそうです。
今回の総選挙もこうならなければいいのですが。


卒業生の立候補もイマイチ意味が分かりません。
恐らくお目当てであった前田敦子は(当然ですが)早々に不出馬を表明。
元SDNのメンバーを中心に何人かは出馬するようです。
今さら戻ってきてどうするつもりなのか・・・まあ何でもありなのがAKBではありますが。

AKB運営の考える事は解せませんが、去年同様無理をしない範囲で楽しみたいと思います。
立候補期間は来週日曜~4/7まで。まずは推移を見守っていきたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-03-28 22:01 | SKE48