激動の4月

先日も似たような記事を書きましたが、今月のSKEは色々ありすぎました。

総選挙の立候補に始まり、ガイシホールコンサートでの組閣。
メンバー9人を4日連続の卒業公演で送り出した後に荻野利紗の復帰と藤本美月の卒業発表。
そういえば6期生のみの研究生公演もありましたね・・・
卒業公演の余韻もさめない内の武道館単独ライブでは、圧巻の31曲連続パフォーマンス。
その3日後の昨日に兼任解除と新兼任発表。そして今日は藤本美月の卒業公演。

まるで年末の会社のような慌しさでした。
メンバーもファンも俺も、さすがに状況を整理しきれていない感じです。

そんな中、俺はガイシ2日目(昼)と武道館単独ライブに参戦。
一月に2回もライブに行くなんて初めての経験でしたが、両方とも素晴らしかったです。
名古屋日帰り、31曲連続とそれぞれ体力を消耗し、両方とも翌日はヘロヘロでしたが・・・

組閣後の新チームの展望もブログに書きたいと思っていますが、考えている間にKⅡから2名が離脱。
新チームが本格的に活動する前からこれなので、展望もひったくれもありません。
SKEの組閣は練りに練られたと思えただけに、2名の変更でチームバランスが大分変わると思います。
今の状態で新KⅡに言える事は、大場美奈の兼任をどう受け入れるかという事ぐらいです。

地元での兼任となった北原里英と違い、大場美奈は縁が無いであろう名古屋に一人で来る事になります。
見ず知らずの土地でのSKEとの兼任。関東とは土地柄も全然違うし不安で無い訳がありません。
この辺を高柳明音や佐藤実絵子を始めとしたメンバーがどうフォローしてあげるかだと思います。

藤本美月の穴埋めに他の研究生を昇格させるか否かもポイント。
もし昇格させるならば、今日の研究生公演で発表があるかもしれません。
敢えて空きのままとし研究生に競わせるか、それとも昇格で穴を埋めるか。
今回の大場美奈の兼任による影響もあるかもしれませんが、何とも言えないところです。

この後も息をつく間もないまま「見逃した君達」公演に突入します。俺も5/4の「制服の芽」公演に参戦予定。
東京ドームシティという大箱とはいえ、旧チームSが見れるので楽しみです。
その後は5月下旬に総選挙シングル(さよならクロール)が発売され、6/7の日産スタジアムで開票。
総選挙が終わって少しした7月下旬から5大ドームツアー。
SKE単独のナゴヤドーム公演があれば、また遠征計画を立てるかもしれません。

そんなスケジュールの合間を縫って、新体制への移行が行われる訳です。
メンバー達は大変だと思いますが、こういう時こそ成長のチャンスだと思います。
なので外野で見ている俺としてもどの子が頭角を現すか、非常に興味深い上半期となりそうです。
他の事も大事にしつつ、どっぷり浸りきらない程度に楽しんでいきたいです。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-04-29 10:06 | SKE48