実験 その2

これは釣りに行く前。
タックルボックスの近くにあった、俺が車を買ったばかりに買った本を手にとって読んでみた。
ポール・フレールという人が書いた、「はしる まがる とまる」という本。

この本には、初心者へのドラテクがいろいろ書いてあるので、結構参考になっていたのだ。
改めてパラパラと読んでみると、「左足ブレーキの勧め」とある。
この本によると、足は2本あるのだから、なんで左足を遊ばせておいて右足だけでペダル操作を行う必要があるのか?と書いてある。
マニュアル車に乗っているならともかく、オートマなら理に適っているし、反応速度も速くなる、そしてブレーキを踏みながらアクセルをじわじわと踏んでいける、といいことずくめのように書いてあるのだ。

土山でアクセルを踏むタイミングを掴めず、失速している俺。
師匠曰く・・・

アクセルを踏むタイミングが遅いんですよ。
オートマはどうしても踏んでからタイミングがワンテンポずれる特性なので、早めに踏んであげないとダメです。
だから、ブレーキ踏んで、失速して、あれあれ?って所で加速が来るんですよ。
もう少しアクセルでギアを変える練習をした方がいいです。


あれ?左足ブレーキだと、反応速度が速くなるから、うまく行くんじゃないか?
ちょっと、実験してみるか?
と言うことで、釣りの移動の際、「今日は攻めない!」と誓ったにも関わらず、周りに誰もいない時に実験!
(速度域は低いけど。50kmとか。)

左足だとうまくブレーキを踏めないが、(加減がうまくいかずカックン、となる。)うまくいったときはなんとなく走りがスムーズになった気が・・・
そして、これもなんとなくだが、速度も上がり、荷重もうまく乗っているような気が・・・
多少の訓練は必要(本にも書いてあった)だが、これっていいんじゃないか?
実際、土山で試してみるか?低い速度で。
荷重の調整がしやすいような気がするし・・・
(全部、気がする、ってだけで、確固たる自信、理論があるわけじゃないが・・・)

はて、どうなんだろうね。
個人的にはいい方法だし、理にも適っていると思うけどな。
今後も実験してみて、やりやすいならそうしてみるか。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2005-08-04 01:46 | 雑記 | Comments(0)