選挙か・・・今度はちったあ変わるのだろうか?

郵政法案の否決で、衆議院解散へ向かうらしい。
昼から各局がひっきりなしに伝えてる。
ディスカバリーがちゃんと地球に戻ってこれるか?ていうのも気になるし、慌しい日だな・・・
(帰還は明日以降に延期になったらしい。)

衆議院が解散になり、選挙は9/11になるんだと。
小泉政権になって、ろくな事が無いと思っている(というか、自民党政治だとろくな事がない!と思っている)から、もちろん批判の意味を込めて投票に行く。
民主党も信用ならない(口ばっかりじゃん、こいつら・・・)し、いつものごとく一番まっとうなことを言っている共産党に意思表示のつもりで入れるだろうな。
共産党の候補が当選する?そんな事は実はちっとも思っていない。
(うちの選挙区は、自民党の議員の圧倒的な地盤があるのだ。)
ただ、俺の根底にあるのは、無投票なのは自民党支持と同じことだということ。
そして、ある先輩に言われた「投票に行かない奴に政治を批判する資格は無い!」という事。

全く、その通りであるから、あくまで意思表示として行くのだ。
うちら20台の人間なんか、政治家になめられっぱなしな気がしてしょうがないからね。
実際、無関心を決め込んで投票しないし。
このままだと、俺らが歳を取った頃、どんな世の中になっていることやら。
今でさえ、末期的症状があちこちに出ているのにね。
(強いものはより強く、弱者はどうにでもなってしまえ!みたいな。一番俺の嫌いな考え方。)
この前の明徳もそうだが、教育とかも腐ってきているし。
そもそも小泉も、反対するものは切ってしまえ!というような手法はどうなんだろう?
最近、ヒットラー(誰か言っていたなw)みたいになってきたような・・・

俺らの世代が、せめて今の倍ぐらい、少しでも政治に関心を持ってくれたら変わるのだろうけど。
そしたら、マシな世の中になっていくと思うんだけどね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2005-08-08 18:12 | 雑記 | Comments(0)