振り返り③ 手術と現在の状況

退院して1週間が過ぎました。
今回は手術と現在の状況について書きたいと思います。

手術は入院翌日でした。手術日前日の夜9時からは水分も取れない状況。
これは全身麻酔のため仕方ないものの、同室となった爺さんの行動で実質朝3時半おき。
3時半に大音量でテレビをつけられたのには閉口しました。その後も4時半、5時半と大音量が…

おかげで手術前はとにかく眠くて、何も考えたくありませんでした。
今思うと色々不安になる余裕すらなかったので、かえってよかったかもしれません。

当日は事前にいろんなものを点滴してから手術室へ。
ものすごい手際よく全身麻酔を打たれてからは、一切記憶がありません。
記憶が無い間に、開頭手術を受け腫瘍を摘出してもらっていました。

次気が付いた時にはICU(集中治療室)で寝転がってました。その時時間を聞いたら夜8時過ぎ。
後から聞いた話だと、手術に8時間を要したそうです。
それだけ難しい手術だったという事でしょう。先生に感謝です。

術後の晩はひたすら喉が渇きましたが、水が飲めないのでうがいと氷をなめる事で渇きと戦ってました。
喉が渇く都度目が覚めて、たまらずナースコールを呼んでいた記憶しかありません。
夜が明けて、自由飲水と言われたときは嬉しかったですね。
早速コップ3杯分の水を飲んで渇きを潤す事が出来ました。胃がついてこれず早速吐きましたが…

術後は、利尿ホルモンの量がコントロールできなくなる「尿崩症」という後遺症が出ました。
なんでも手術当日の夜間に、10ℓの尿が出ていたとか。
術後に喉が渇いた理由もこれです。ただ尿崩症は術前に織り込み済でした。

後遺症が残った理由は、ホルモン量をコントロールしている脳の下垂体という部分を覆うように腫瘍があり、手術で合わせて摘出せざるを得なかったためです。早い話がホルモンコントロールを何もしないと、常に尿が出ておねしょしてしまうのと同じ状態に陥ります。

おねしょだけならばまだ笑い話ですが、必要以上に水分を排出してしまうため放置するとナトリウム濃度が高くなり、血栓が出来て最悪死に至ります。(が、腫瘍を放置するよりマシ。)そのため利尿ホルモンを薬でコントロールする必要があり、術後はその調整で入院していたといっても過言ではありませんでした。

コントロールのため処方されたのは、コートリルとミリニンメルトという薬。補助としてビタミン剤(メチコバール)と胃薬(ファモチジン、薬剤師さんの説明では要はガスター10)の4種類の薬を今も飲み続けています。

入院中は水分補給量と出る尿の量、比重を記録しながらコートリルとミリニンメルトの量を調整。
結局コートリルは起床時1錠、夕食後0.5錠。
ミリニンメルトは朝昼の食間に1錠、夕食2時間後に2錠で落ち着きました。
これがはっきりするまでは退院が出来なかったので、結局16日間の入院となった次第です。

なおホルモンは検査の結果、副腎ホルモンが基準値以下、成長ホルモンが下限ギリギリとの事でした。
副腎ホルモンとは、アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールが主なものらしいです。
要は興奮しにくくなり無気力状態となりやすく、且つホルモンのバランスも取りにくい状況の模様です。
俺はもともと慌てやすいので、興奮しにくくなったのはいい方向に出るかもしれません。
いっそ怪我の功名で、俺の最大の弱点だった落ち着きが増せば、みんなのためにもいいのですが…

成長ホルモンは、足りないと疲れやすくなったり、動脈硬化に繋がったりする模様です。
これは下限ギリギリとはいえ一応基準内で一安心ですが、確かに疲れやすくなった気はします。
動脈硬化を避けるためには痩せる事が必要、そのためには運動ですが疲れやすい。
こことの兼ね合いが色々難しそうですが、なるべく外に出るようにはしています。

また手術の影響で顔がむくみ、まぶたが15R殴られ続けたボクサーのように腫れました。
目も充血どころか血走った状態となり、頭には包帯がぐるぐる巻き。
包帯を取ると、頭の傷口はフランケンシュタインのようにホッチキスで止めてある状況。
このまま街に出たら、確実に職務質問される状況となっていました。

顔の腫れは1週間、目の充血は2週間で完全に戻りました。
後は手術の傷口のかさぶたが取れ、頭の違和感(痛いとかではなく物理的に重い。おそらく手術の後に接着のため詰め物をしている影響)が無くなれば、外科的影響は無くなると思われます。そのため今でも頭にバンドをして固定しています。

なお頭の手術の場合、傷口から髪の毛は生えてこなくなる模様なので、見た目は多少影響ありです。
これは周りの髪の毛の伸び具合を見て、事後策を考えるとしましょう。

次の通院時には、職場復帰とかの具体的な話も出てくると思っています。
ちなみに現在、体調的に変な感じはありません。概ね順調に来ていると思ってます。
他にも書きたいことはありますが、すでに長いのでこれぐらいにしておきましょう。
次は術後のリハビリについて書きたいと思います。

[PR]

by yrv9985-2450 | 2017-07-24 14:48 | 闘病記 | Comments(0)