惨めったらありゃしない!

圧倒的な大差で3連敗し、後のなくなった阪神。
今日の試合も、序盤は会社で見ていたが、李承燁にまた放り込まれ・・・
(杉山もどこ投げとんねん!あそこの球は強いのは分かるやろ!)
その後もまた李承燁に打たれて追加点。
今日も一方的か?
それこそ阪神ファンとしてやってられんぞ?と思っていた。
そうすると、やっと2点返したとの事!
ついにタイムリーが出たか。意地のかけらぐらいは見せたようだな。
しかし・・・

その後チャンスでことごとくゲッツー。
挙句の果てにはシーツと矢野がバントを失敗。
矢野に至っては2併殺。(6回のチャンスでの併殺も含む・・・)
なんか最後までロッテに飲まれっぱなしで、2-3で敗戦。
結局、何もできず、且つシリーズを通じて一度もリードを奪う事すら出来ず、惨敗・・・
(シリーズを通じて一度もリード出来なかったのは史上初らしい。情けない・・・)

数年前のダメ虎にすっかり戻ってしまったな。
ファン心理として、せめて1勝ぐらい出来なかったのか?とどうしても思ってしまう。
「阪神しょぼ!」とか「おめでとうございます♪」なんて言われて馬鹿にされても、ちっとも反論できないじゃないか!!
はっきり言って、ここまで無様に日本シリーズで負けたら、セリーグの他の5球団のファンに申し訳が立たないだろう!
こんな惨めな負け方をした球団に、2位中日は10ゲームもつけられ・・・
他の球団もやられてしまった訳だからね。
セリーグの野球なんて大したことないな、とパリーグのファンが思っても仕方がないよ。

だいたい、阪神バッテリーはロッテのバッターに対して全然攻めてなかったし。
内角なんてほとんど突かなかったもんな。
阪神のバッターが、何度内角球に仰け反らされたか・・・
(金本だろうが、今岡だろうがガンガン攻めてたもんな。)
そりゃ、今江はMVP文句なしの活躍をするし、3試合連続10点取られますわ!
ところで、敢闘選手賞が矢野には大いに納得できん!33点取られて、今日も2併殺で・・・
普通に考えりゃ該当者無しというのが自然な流れなんだろうけどな。
(矢野にはご苦労様!とかご愁傷様・・・という意味もあるのかもね。)

本当、負けるべくして負けたシリーズだったな。
岡田の采配がどうだとか、金本がどうだとか、リリーフ陣がどうだとかじゃなくて・・・

全てがロッテより劣ったという事だ!

でなきゃ、ここまで惨敗を喫しないよな。
屈辱と言っていいだろうね。阪神だけでなくセリーグにとって。
一応、こんなチームでも今年のセリーグの代表だった訳だし。
他の5球団のファンからしたらこんな言い方をされたらはらわたが煮えくり返るだろうけどね。
(実際、巨人ファンに言ってみたけど、やはり怒ってたもんなw)

ただ、ロッテに対しては、素直におめでとうと言えるね。
正直、ソフトバンクとのプレーオフと比べたら、何て事なかっただろうけど・・・
何はともあれ、31年ぶりである。川崎球場にいた頃から応援していた人たちにとっては、感慨もひとしおだろうしね。
パリーグのお荷物と言ってしまっても差し支えなかった球団が、日本一だもんな。シーズン2位だったとはいえ・・・
(ソフトバンクファンにしたらたまらないだろうな。確実に勝てたよ、今の阪神になら。)

この状況から、来年はどれだけ巻き返せるのか?
連覇など、とても出来そうに思えないが、この屈辱をバネにして頑張ってほしいね。
(ただ、若返りは明らかに必要だろうな。はっきり言って。)
[PR]

by yrv9985-2450 | 2005-10-27 01:04 | 雑記 | Comments(0)