驚きでした・・・まさかガンだったなんて。

オリックスの元監督の仰木彬氏が亡くなられた。
木曜日のブログを更新した後、何気なくテレビに出てきたニュース速報で知ったときには、本当にびっくりした!
健康上の問題で監督を退いていたというのは知っていたが、まさかここまでひどかったとは少しも思っていなかったからだ。
思わず、「うそやろ?」と画面の前で言ってしまったぐらいである。

イチローや野茂等、本当に個性的な選手を育ててきた監督だっただけに、惜しい人を亡くしたものである。
就任の際に、「グラウンドで倒れたら本望」とまで言っていたから、就任当時から体調も大変だったのだろう。
夏場でも、抗がん剤の影響を見せたくないとウィンドブレーカーを着込んでまで采配を振るっていたそうだ。
そうしながら、合併の恩恵を受けたとは言え、プレーオフ争いまでチームを導いたのである。

凄い人である。もともと名将だとは思っていたが・・・
ここまで壮絶な生き様ができるだろうか?
そんなそぶりはちっとも見せなかっただけに、話を聞いたときには衝撃を覚えた。
ただ、最後の年まで野球に携われたのは幸せだったのかもしれないね。
ご冥福をお祈り致します。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2005-12-17 00:43 | 雑記 | Comments(0)