伝説のドリームチーム

昨日の出勤前、たまたまバルサTVをJスポーツで見ていた。
すると、12年前のカンプ・ノウでのクラシコだったので、他に見る物もないし・・・と見ていた。
バルサはロマーリオにストイチコフ、ナダル、ロナルド・クーマン、ラウドルップ・・・
マドリーにはイエロ、ルイス・エンリケ、ミチェル・・・
12年前でも凄い面子である。

後半途中から見だしたので、その頃にはすでに2-0。
しばらくしてると、ロマーリオ(若い!)が3点目を決める。
当時(12年前といえば中学生か。)はサッカーにあまり興味を持っていなかった俺としては、結構新鮮でもある。
ロマーリオって、やっぱ凄かったのね、とか。
第一、当時は今ほど欧州サッカーを見れる環境は無かったからね。

結局、ロマーリオはその後も1点決め、ハットトリック!
その後も追加点を決め、マドリー相手に5-0!
そうか、これがあの伝説のクラシコか、と知ったのは5-0になってから。
(5-0のクラシコがあったというのは知っていたので。)
バルセロニスタの俺としては、非常に面白かったな。

今のバルサもドリームチームと言ってもいいが、当時も凄いサッカーをしていたものである。
パスなんてワンタッチでどんどん回してくるし。
その為、どこから何をしてくるか全く分からない。
いつの間にかディフェンダーが2列目から飛び出してきたり・・・
中盤からの速攻で、ゴール前で4対2の状況に持って行ったり・・・
ロナルド・クーマンの飛び道具(FK)も凄まじいし。
(2点目をスローで見たが、ありえない弾道でサイドネットに突き刺さってた!)
クライフが今でもバルセロニスタに神格化される訳である。

いい物を見たな、という感じである。
(何を今更、と言うかもしれんが・・・)
昔のゲームを見るのもいいものだ。
今年のチームも十分凄い(15連勝しているし!)けど、当時も凄いチームだったものである。
機会があれば、ビデオでも見てみようかな?
[PR]

by yrv9985-2450 | 2006-01-12 08:56 | 雑記