アテネと同じ展開だな・・・

WBCの韓国戦。
これに勝てれば決勝トーナメントに出場するのは確実だったが、1-2で敗戦。

2度目は勝たなアカンと思うけどな・・・
結局、元中日のリ・ジョンボムに決勝打を藤川が打たれてしまった。
(こうなると、今年の藤川が果たして去年並みに投げられるのか不安になる。まあストレートはキレていたけど・・・)
イチローの「30年発言」に燃えたのかもしれんな。
確かに曲解されている部分もあるが、勝負事にこういう事はいかんな・・・
当然、勝とうという気持ちは大事だが、相手をまず尊重した上で闘志を燃やさないと・・・
極論だが、「巨人はロッテよりも弱い!」と言った某日本シリーズみたいなものだ。
(現状、その通りになりつつあるが・・・w)

しかし、アテネオリンピックと同じ展開になったな。
アテネの時は、キューバを意識するあまりオーストラリア(特にウィリアムス)に足元を救われ。
今度はアメリカを意識するあまり韓国(今度はイ・スンヨプ&リ・ジョンボム)にやられてしまった。
なぜか、日本球界経験者にやられている気がするのが歯がゆい・・・
(アテネの時は阪神ファンとして嬉しい気持ちも半分あって複雑だったけど。イ・スンヨプを補強したナベツネも同じだったようで・・・w)

これでアメリカが2点以上取られない限り、決勝トーナメントへの進出はなくなってしまった。
ただ、対戦相手のメキシコは、もう望みが確かなかっただけに、ほぼ絶望だな・・・
やはり、そう簡単にはいかないものだね。
TOP選手のレベルは日本も韓国も台湾もそう変わらないからね。
しかし、悔しいなあ・・・
[PR]

by yrv9985-2450 | 2006-03-16 16:10 | 雑記