愛すべき野球馬鹿達・・・

プロ野球が無い月曜日ではあるが、MLBのレッドソックス-ヤンキース戦と甲子園の決勝の再試合の駒大苫小牧-早実戦を堪能しておりました。
と言ってもレッドソックス-ヤンキース戦が雨天中断になった頃に寝てしまった為、昼過ぎにもぞもぞと起き出してからであるが・・・

なにしろこのボストンでの5連戦。
日本時間の今朝の試合で5連戦の4連戦であるが、1・2戦目ダブルヘッダー3戦目デーゲーム4戦目(今朝)ナイター5戦目デーゲームという日程。
日本では考えられないようなハードスケジュールである。
なにしろ、ダブルヘッダーの後の12時間後には次のデーゲームを行わなくてはならないのだ。

しかもそのダブルヘッダー、初戦はヤンキース大勝。
2戦目のナイターが9回でのメジャー最長時間記録を更新し、終わったのが現地日付で夜中の1時過ぎ!
(なにしろ14-11という打ち合いだったからね。)
その後同じ日の昼の1時からデーゲーム。(これもヤンキースが勝ち3連勝。)
次の日はナイターでの4戦目となった(少しは時間が開いた、のか?)が、途中雨天中断があった上に9回にジーターのタイムリーでヤンキースが追いついて延長戦にまでもつれ込んだので、終わったのはまた日付が変わった後の現地時間夜中の1時過ぎw

本当にハードな5連戦だというのに、選手の気迫が凄い事!
この2チームの試合はどうころんでも面白い試合になるが、今回も堪能させて貰っております。
ちなみにこの人達、また次の日にはデーゲームである。
これだけハードな4試合をこなしながら、本拠地で宿敵に4連敗中のレッドソックスには「ご愁傷様」としか言う言葉が無いw
本当に野球が好きなんだな、この人達・・・

海を隔てた日本でも、ハードな試合をしている人達が・・・
言うまでも無く、甲子園の決勝。
駒大苫小牧の田中、早実の斉藤、結局2人ともほとんど1人で投げきってしまった。
その上試合は4-3とまたまた接戦。
早実がなんとか逃げ切ったが、負けた駒大苫小牧も清々とした顔をしていたよな。
そりゃあそうだ。ここまで長々と試合をした(2試合で24イニング)事などないだろうしね。
早実に至っては今年のセンバツでも関西と15回引き分け再試合を演じているし。
エースの斉藤曰く、「再試合の後の横浜戦でめった打ちに会ったのが悔しくて走り込みをした。」だそうだ。
延長15回の後の再試合を勝って、その次の日で3連投目だった訳だから、スタミナ不足という問題ではないと思うが・・・
ただ今回はそれを上回る4連投で優勝。ここまでやりきってしまったのだから凄いピッチャーだ。
斉藤も含め、この人達も野球馬鹿だな・・・ここまで来ると尊敬に値するよ。

両試合とも勝ちたいという気持ちがこもっていて非常に面白かったね。
最近のプロ野球ではなかなか見れない光景だっただけになおさらだね。
(セリーグなんて完全に火が消えてしまっているし・・・少しは意地を見せんか!)
やっている方はとてつもなくしんどいだろうが、見ているほうとしては非常に楽しめました♪
選手には酷なようだが、こういう試合がもっと見たいね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2006-08-21 22:46 | 雑記 | Comments(0)