またまたチェルシーと・・・

因縁と言うのは不思議なものである。
今年もチャンピオンズリーグの組み合わせ抽選会が開かれたが、バルサはチェルシーと同組。
去年のベスト16、おととしのベスト8に続き、3年連続の対戦である。

しかもブレーメンも同じ組。
ブレーメンもいいチームであるが、チェルシーとバルサは格が違う。
バルサは今年はザンブロッタやテュラム、グジョンセンを補強し戦力をさらに上げている。
対するチェルシー。アブラモビッチのマネーにまかせてシェフチェンコにバラック等のビックネームをこちらも補強。
凄い試合になりそうである。どうせ生では見れそうには無いが・・・

そしていよいよリーガエスパニョーラも開幕します。
開幕戦が楽しみ・・・と思いきや?

放映権がまだ決まっていません!

3年前にWOWOWがJスカイスポーツ(当時)から強奪した形のリーガの放映権。
仕方なくWOWOWで3年間見ていたが、今年の夏が更新時期。
そこで、Jスポーツを始めとしたスカパーとWOWOWの放映権争いが勃発しているようだ。

数年に1回あるこの争い。
お互いに視聴者の事を考えてくれているとは到底思えないのだが・・・
というか、サッカー界自体がマネーゲームになっている感じもある。
(そのいい例がチェルシーであり、マドリーであり・・・)
よって、視聴者を無視した放映権争い(または代理店による吊り上げ)が行われているのだろう。

現在はJスポーツがリーガを抜きにしたプレスリリースを発表。
WOWOWは現在交渉中としながらも、放映権の獲得が難航しているとし開幕節の放映は無し。
すなわち、リーガを見たい俺ら視聴者は完全に黙殺されている訳である。
そして楽しみな開幕戦を見る事は出来ない。
今後動きがあるかもしれんが、今の所日本では見る手段が無いという事である。
どうやら海外の代理店に足元でも見られているのだろうか?

できればJスポーツのようなスポーツ専門局でやってほしいけどね。
ただ、今後は見れるようにしてもらいたいけどね。どういう形にせよ・・・
[PR]

by yrv9985-2450 | 2006-08-26 11:47 | 雑記