番外編、ミラ迷走日記

愛機YRVが車検中という事は・・・?
すなわち、代車が来る訳でして・・・
今回は駐車場の関係で背が低い車、という事でミラが代車として来る事となりました。

c0001632_21244616.jpg


師匠曰く、「きっとミラはYRVよりもダイレクトに挙動が伝わると思うよ?」という事だったので、練習するには良さそうである。
「さっき俺がYRVで走った所と同じ所を走ってみなよ・・・」という事だったので行ってみましょう。

車検の手続きが終わり、ミラ登場です。
俺にとって初の軽自動車の運転。ちょっと楽しみでもあり、ドキドキでもある。
早速乗り込んでみるが・・・まずドアの内側の取っ手にタバコの吸殻が・・・
お陰でちょっと車がヤニ臭い・・・orz
ちょっとテンションダウンである。

気を取り直し、ディーラーの店員さんに見送られて発進して行く。
が・・・なんじゃこりゃ?
代車に多くの事を求めるのが間違いだという事ぐらい分かってる。
軽自動車に多くの事を求めるのもお門違いだというのも分かってる。
でもね・・・そういう面を考慮した上でもですね・・・

あまりにもしょぼいんですよ・・・

師匠が俺の車に乗った時に「ショボ!」という時の気持ちってこんな物なのかな?
とにかく俺の乗っているYRVと比べるとあまりにも違いすぎる!
(というかこの2年でそれなりに俺のYRVも進化してきたもんな・・・)
しょぼい点はいっぱいあったし思わず師匠にメールも打ったが、一つ一つ洗い出していきましょうか。

とりあえず項目を箇条書きで挙げてみます。
① クリープが弱すぎる!
② 天井を軽く叩いてみたら「ペコン!」とアルミボートよりもしょぼい音がした。材質ブリキか?
③ メーターが非常にシンプルですが・・・タコメーターが無い車ってあるんだ!!

c0001632_21361464.jpg


④ エンジンをかけた時の音までしょぼい・・・
⑤ YRVも必要最低限のものしか着いていませんが・・・ミラにはドリンクホルダーすらない!
もちろんステアのチルトなぞある訳が無い!
⑥ 純正オーディオ・・・音ショボすぎ!!



こんなものか。
オーディオはそれなりにお金をかけているから仕方ないにしても・・・
ミラの最廉価バージョンって本当に「足」の為だけの車だな。
車は「足」という人にはある意味非常にいい車かもしれん。
後師匠には「サイドブレーキが固すぎ!」とメールを打ったが、それは俺が横にあるサイドブレーキの解除方法を忘れていただけの話だったので問題は無しである。
(ちなみに一度上げてから解除。YRVのサイドブレーキはフットペダルなので忘れていた。)

質感はYRVも大概だがミラだとここまでしょぼくなるものなのか・・・
ムーヴとか人気車種にはお金をかけているっぽいが・・・まあそんなものか。
今回のミラ、場合によっては社用車とかと変わらない訳だからね。

さて、肝心の走りの方はどうかというと?
最初のうちはYRVの感覚だと感じが掴めず四苦八苦。
が、少し乗ってみるとあまりにローパワーな為、街乗りでも踏んでいかないとスムーズに走れない事が判明。
これならば町乗りでもワインディングを走っているような気分にはなれるな。

とりあえず帰りがけに師匠がYRVで通ったコースをトレースしてみる。
すると・・・案外使いやすいやん♪
恐らく速度が低いのと車重が軽いのとでスムーズに曲がっていく!
走りの面だけに関したら軽も十分ありだな。
むしろ街乗りでも性能を使いきれるしボディが小さいので裏道もスイスイ走れるので、走っている分には楽しいかもしれない。
コーナーとかもYRVより楽である、正直。
もっと変な過重が来るのかな?と思っていたが、踏んでいけるのでうまい事過重が載っていく。
なので今日一日乗った限りでは(質感のショボさ以外は。)結構楽しめたかな?

今の俺のドラテクだと、90馬力のYRVは扱えないが48馬力(?)のミラだと扱えそう・・・という事になるのか。
ミラは意外な事に、YRVよりも短距離だと運転が楽。
(長距離ドライブは知らんがきっとYRVの方が楽だろう。)
なぜかドラポジもあっているような気がする。
YRVは実は俺にとってオーバーパワーで扱いきれていなかったという訳である。
オーバーパワーと言ってもどこにでもいる1.3ℓのコンパクトカーでたったの90馬力しか出ていないんだけどね。
このままではインプSTIとかアクセラスポーツに乗るのは腕的には夢のまた夢という事やね。

意外にもミラのドライブは楽しかったです。
お宮にこそ行っていないが釣具屋の行き帰りでウロウロしたし。
明日早く目が覚めて時間と余裕があるようならばドライブしてみようかな?
あさっては釣りで明日夕方には車検が終わるから、ミラで行くならそれまでに行かなくてはね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2006-11-16 21:56 | 雑記 | Comments(0)