忘年会第一弾

昨日・今日と2日連続の忘年会である。
まずは昨日、会社の忘年会が町田でありました。

今回はローションにまみれる事も無く、ピンクローターが出てくることも無く無事に終わりました。
が、アダルトDVDはきっちりと出てきましたw
ここが男だらけの職場ならではの空気なんだよな・・・w

結局ビンゴ大会でビンゴを引き当てた俺がアダルトDVDをGET!
しかしながら持って帰るのも恥ずかしかったので、昨日でめでたく二十歳となり、名実共に大人になった後輩君に誕生日プレゼントとして贈呈してきました!
本人は戸惑っていたようだが・・・どうするんだろうなw

久々にいい酒が飲めました。
という事で、今日もあるので早々と一次会で撤収・・・
その後本屋により、スクラン15巻と、「敗因と」という本を購入。

「敗因と」は、先日のドイツワールドカップでの日本代表の内幕を描いた本である。
俺は「拳組日記」というブログを定期的に読んでいるが、ちょっと面白そうな内容だったので購入してみる事にしました。
ハードカバー、1500円の本を買う事自体久しぶりである。

スクランはいつもの如く爆笑させてもらい・・・(最近の展開も興味深い)
その後「敗因と」をじっくりと読ませて頂いています。
現在9割近く読んだが、組織として日本代表がどうだったかとか興味深い内容でした。

あの時俺は「向かっていく姿勢が川口以外に見えない。」と言っていたが、案の定チームとしてバラバラだったと言う事。
(ベテラン選手がフィールドプレイヤーの中にいなかったのが原因だったようだ。)
孤独を好む中田英寿は「裸の王様」と化していた事。
(俺も孤独は好きな方なので同じ徹を踏まないようにしなくては。中田英ほど能力は無いがw)
ジーコは明確な方向性を定めなかった為にうまく行かなかった事。
(監督として必要な仕事も結果的に選手に丸投げしてしまっていた。)
そしてジーコは選手のレベルを自らを基準として考えていた為、日本人選手のレベルの目線に自らを落とす事ができなかった為、選手は要求に答えられなかった事。
(仕事上でも自分の目線で考えてしまう事が多々あるので、改めて読んでみるとジーコの気持ちも分からんでもない・・・)

などなど、いろいろなことが書いてありました。
「ああ、やっぱりな。」という部分と「そうだったのか。」という部分が半々ぐらい・・・かな?
ちょっとした読書感想文になってしまったが、組織をまとめていくには何が必要なのかを考えさせてくれる本だったので、会社での人のまとめ方とかにも応用できそうである。
(俺は仕切る事が苦手であるので、こういった物は参考にもなるし。)
久々にちゃんとした本を読んでいる感じがするな。

忘年会から大分脱線してしまったが、いい宴会でした。
今日も町田で仲間内の宴会である。
風邪気味なので無理はしないようにしよう。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2006-12-16 08:32 | 雑記