慣らしは完了?

車高調の慣らしも兼ねて、お宮へドライブへ行っていました。
その前にカレストに寄りガラコを買い、いつもの所で久々に洗車。
今日は月曜日だったというのにえらい人が多かったな。
昼前に行ったらもう6人も車を洗っている・・・
今日って平日だよな・・・俺的にちょっと意外な光景でした。

洗車してシュアラスターとガラコを塗り、ピカピカになったYRV。
その後お宮へ出発。
車高調のおかげで乗り心地はすこぶる改善。
ただ、246の路面の段差からの突き上げが多少気になるかな・・・?
足を固めたから突き上げが大きくなるのは当然だし覚悟の上ではあるが、ひょっとしたら空気圧の問題かもしれない。実際にこの前もそうだったし。
なので一通り走ったら空気圧を弄ってみる事にして、とりあえず現状でお宮へ行ってみる。

お宮へ到着。
途中のワインディングで色々と試してみる。
コーナーではさすがに抜群の安定感です!
足を固めた分、限界値は明らかにアップしている。
それに伴いコーナリングスピードもアップ!
(アクセルを開けていくと曲がる事曲がる事♪)
ただドライバーがヘタレっぷりを発揮したようで、ある一定の速度を超えると恐怖心が・・・
ロールとかはあまり無いのだが、五臓六腑と脳みそから拒否反応が・・・
(具体的にはジェットコースターとかに乗った時のお腹の下がスースーする感覚に近い。)
車の挙動的には「まだまだ行けまっせ♪」と言ってくれるのだが、ドライバーの恐怖心が現在勝っている感じである。
すなわち・・・俺<<<YRVという感じか。
いままではせいぜい俺=ミラ<YRVといった程度だったんだがな・・・

乗る人が乗ったらかなり速い車になっている事でしょう!
一番ヘタレなのは相変わらず持ち主という事か・・・
でもこのぐらいが実はちょうどいいのかもしれない。
無茶をして事故ってしまっては一巻の終わりだからね。
安全運転を心がけていきましょう・・・

ちなみに一番狙っていた疲れの軽減は・・・かなり改善されているようです!!
お宮に行った後も楽しくてついつい城山まで足を伸ばしてしまいました・・・
その後ラーメンストリートで味噌ラーメン(今日は初代一国堂、なかなか美味。)を食して近所のタワレコに寄って帰ってきたのでかなりの距離(恐らく80km程度)を走ったのだが、いつもよりも明らかに疲れていない。
理由として考えられるのは・・・

① 車高調を入れたことでコーナーでのロールや路面からのフワフワ感が激減した。
② よってコーナー等で踏ん張る事も無くなったし、酔いそうになる事も無くなった。
③ それに加え、ノーズダイブも無くなったのでブレーキワークが楽。
④ ますます変な挙動が少なくなるのに加え運転自体が楽だし楽しい♪
⑤ 挙句の果てに車高が下がって重心も下がる分止まりやすい!
⑥ よって精神的な面からも含め疲れが軽減された。


のでは無かろうか・・・
路面からの突き上げはあるが、疲れにはさほど影響していないようだ。
ちなみにロールはある程度の負荷を与えるとさすがに来る(その「ある程度」を早く掴まないと・・・)が、それでも4輪にきっちりと力が分散されている感じがする。
バネがタイヤに見合った物(今まではバネ下の重さに対してショックの減衰力やバネの強さが足りなかったのではと考えられる。)になった分、特性が素直になったのかもしれない。
ただし、限界を超えると一気に滑っていきそうでもあるが・・・
限界値がどこか分からない(そして超えたら一発でアウトなので試す事も出来ない。)事も恐怖心が抜けない事に関係しているのだろう。

これでシートを入れるとどうなるのだろう?
2~300km一気に走ってもピンピンしていそうである。
釣りにこれで集中できれば言う事無しなんだね。
快適釣り車化第一ステップは見事成功だね。
シートよりも足を先に入れて正解である。やはり師匠のアドバイスは正しかったと言う事か。

ちなみに帰りがけにGSに寄り、コンプレッサーの使い方を教えてもらいました。
要はバルブに対してノズルをまっすぐに刺さないといけないみたい。
これで空気圧調整も自分でなんとかなりそうである。
早速路面の突き上げが若干気になったので、空気圧を2.4k→2.5kへと変更してみました。
2.5kは高いように見えるが、走った後の空気圧は空気が暖められる分上がるらしい。
なのでそれも見越しての0.1kのアップである。

結果はどうだったかというと・・・
わずか0.1k変えるだけでも乗り味は全然変わってくるものである。予想以上だ。
具体的には・・・

① 空気圧を上げた分タイヤが伸縮しにくくなり、過重が乗り難くなった。
② よって2.4k時よりも止まりにくいのでブレーキ操作が若干ではあるがシビアになる。
③ 路面からの突き上げは軽減・・・しかし若干跳ねる感じが。
④ 空気圧の増加によりタイヤが滑るせいか、ロール微増。


フラシーボかもしれんが、俺が感じたのはこんなものである。
好みの問題かもしれんが、俺としては2.4k時の方が楽だしよかったと思う。
最初突き上げがあるな・・・と感じたのはタイヤが温まってなく、内圧がその時は低めだったのかもしれない。
走行での空気圧UPも考えると・・・2.35~2.4kぐらいが適正なのかな?
YRVターボR純正の2.4kというのはシッカリと考えられた数字なんだね、やっぱり。

空気圧一つにしても深いものである。
師匠はフロントの空気圧を気持ち上げると乗り心地がよくなると言っていたし・・・
俺なりに理屈を考えてみたが、フロントの空気圧をあげると回頭性は恐らくよくなる。
そしてリアの空気圧が気持ち低い分リアのトラクションを稼げて4輪をうまく使える・・・のか?
今度フロント2.4k、リア2.35kぐらいで試してみるか?
師匠の場合車がFRだから、FFだとまた変わってくるのかもしれないけど・・・
実験してみるのが一番の近道だと思われるからね。

水曜日にアライメントを調整する為、再びコックピットへ持っていってきます。
アライメントを調整した後、どうなるか楽しみだね♪
直進安定性は少なくとも上がるだろう。
そして回頭性も当然UPする・・・はず。
あちこちぶつけている分、アライメントとか狂っていても不思議じゃないからね、うちの車は・・・
[PR]

by yrv9985-2450 | 2006-12-18 20:29 | 雑記