洋服代6000円・・・いつ以来だろう?

俺という人間は着る物に関して(今は)とても無頓着な男である。
いつもおなじ服で外出しても全然気にならないし。
だいたいどうせ服を飾った所でかっこよくなる訳でもないし・・・
二十歳そこそこの時には30000円/月ぐらい洋服代がかかっていたのが嘘みたいである。
当時の日課はアメリカ村(大阪)の洋服屋巡りだったっけ・・・
(ちなみに当時買った洋服は体重増加の為、今は物理的にほとんど着る事が出来ないw)

そんなこんなで一張羅と化していたエドウィンのジーンズ(一応505)が破れてきちゃいました。
ジーンズなので、別に破れたら破れたでファッションになるのだが、破れたジーンズを颯爽と履きこなすほど俺はもう若くない・・・
なので、ジーンズを新調する事にしました。

という事で、久しぶりにユニクロに行き適当に試着してみる。
が・・・ウエストはともかく太ももが入るジーンズが無い・・・
あまりにも服を買うのが久々なので(且つズボンは試着しないといけないので買うのがまた面倒くさくて仕方ない。)俺という人間の体形的特徴まで忘れてましたよ。
俺の場合、ジーンズはワイドな物じゃないと太ももがきつくなってしまうんですよね。
で、ユニクロで安く済ませたかったんだけど断念。

その後、時間も結構夜遅く(夜9時過ぎ)なのであきらめかけたが・・・
よくよく考えたら、夜中の2時までやっている洋服屋さんがあったな。
(基本的に人ごみを避ける為夜行性なので、お店の閉店時間には敏感。)
という事で、夜の10時過ぎというありえない時間にゴールウェイに行ってきました。

とりあえず色とかは抜きにして、新たな一張羅を探す俺。
(少しはファッションとかにこだわりなさいよ・・・w)
何着か試着した結果、結局エドウィン以外では俺の脚は収まりきれない事が判明w
よって消去法でエドウィンの405(それ以外は入らなかったw)を購入となりました。
お値段は6000円・・・釣具なら苦にならない値段(実際服を買いに行く前にポパイで7000円ほど散財してきた。)だが、洋服に6000円となると今の俺には結構痛い出費である。
だが・・・値段云々ではなく履く物が無かったんだもんな。こればかりは仕方ない。

早速履いてゲーセンへ(爆)行ってきましたが、履き心地も快適なので新たな一張羅になる事は間違いなさそうです。
これが一体何年間持つ事やら・・・
ところで一張羅といえば、今度先輩が結婚し、その披露宴に呼んでいただけるとの事なので、本当の意味での一張羅も買わなくちゃいけません。
いずれ買わなくちゃいけない物だから仕方ないけど、洋服に金はかけたくないな・・・
同じ金ならば竿が、リールが・・・と思ってしまう俺は病気でしょうか?いや、病気ですね。(爆)

我ながら何という奴でしょう。こんなんじゃ本当はいけないのだが・・・
二十歳の俺が今の俺を見たら思いっきり怒られそうだな。
ファッションセンスとその姿勢に対しては・・・
その他の事ならば思いっきりどやしつけてやれるのだがw

ただ、たまには新しい服を買うのもいいものだね。
少しだけ昔の感覚(新しい服を着て行くといい気分になれるのよね。)が戻ってきました。
かといって、30000円/月の洋服代に戻す気が毛頭無いし不可能だけどね。
30000円/月の釣り代はちょっと怪しいがw)
悪い物じゃないので、これを長く着続けていく事にしましょう。
ジーンズ1枚あると夏でも冬でも困る事は少ないからね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-03-20 05:01 | 雑記 | Comments(0)