邦楽もいいものです♪

前述の通り、久々にDo As Infinityを聞いてみました♪
最近のHM/HRかぶれで英語の歌声(時には叫び声や呻き声)を聞いてばかりいた俺にとって、日本語でストレートな伴ちゃんの歌声はなぜか新鮮に聞こえてきました。
メタルにおかされる前はそればかり聞いていたというのに不思議な物である。

「柊」があんなメッセージ性の強い歌だったなんて驚きましたよ。
いろいろあって凹んでいた俺にぴったりの歌じゃないですか。
伴ちゃんがいうには(柊の作詞が伴ちゃんかどうかは知らんが)結局人間、躓きながらも前向きに進んで、いずれくる春を待つしかないらしい、という事だそうだ。
おかげでちったあ気が晴れましたよ。やっぱDo Asは偉大だね。

そういえば伴ちゃん、映画とかにまで出るらしいが・・・
歌手から俳優への道を歩む気なんだろうか?
Do As時代の伴ちゃんからは想像も出来んな。
個性派俳優とかになっていそうで面白そうだけどね。決して口数が多い方じゃないし。
ちょっと興味があるので、今年の秋公開らしいから、もし覚えていれば見に行ってみようかな?
個人的に映画はめったに見ないんだけどね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-04-25 07:51 | 雑記 | Comments(0)