レストア第2弾 タイヤ&サドル交換

チャリンコのレストア、着々と進行中です。
今回はツーリングに行くにあたって一番重要なタイヤを交換する事にしました。
近所の自転車屋さんに行きタイヤを物色。
タイヤの太さを28Cにするか、それとも30Cにするか、敢えて太めにして32Cにするかで迷う。
(数字が大きいほどタイヤの幅が太い。)

当初の考えは32Cにして安定感とグリップを増そうかと思いました。
が・・・32Cのタイヤ自体があまりない。
35Cはあったがちょっと太すぎだよな・・・
となると30Cだが、シクロクロス(マウンテンバイクを平地仕様にした感じ)用のタイヤはあったがお値段が結構張る・・・
なのでタイヤが2000円台と安かった28Cのタイヤにしてみることにしました。

購入したタイヤはPanaracerのPasela。
2本購入して6000円弱。それにチューブも加えて7000円ちょい。
ついでに痛んできたサドル(セライタリア XO)も購入。
早速家に帰り、タイヤ交換をやってみる事にしました。

まずは自転車からタイヤを外します。
自転車を逆さにしてホイールを外そうとしたら、前回同様外れません。
少し様子を伺うと、原因はタイヤがブレーキシューにつっかえていたという事が判明。
なので空気を若干抜いてから再チャレンジすると、意外に簡単に取り外せました♪
そしてリア。リアディレイラーとチェーンがあるから難儀するかな?と思ったがこちらも簡単に外せました。
元々こういった自転車は自分でメンテするのが基本。
なので要領さえ得れば簡単にメンテナンス出来るようにできているのです。

タイヤを外したあと、盗難が怖いので一旦家に自転車を持ち込みベランダで作業。
だが今考えると自転車小屋の所で作業してもよかったな。
というか今後自転車小屋の所で作業をする事になるでしょう。
別に見られて困る物でもないし、7階まで自転車を持って上がるのもめんどくさいし。
第一ベランダにはアンカーが来た為スペースが・・・w

次はタイヤをホイールから外す。
タイヤレバーを使ってタイヤをホイールから剥いで行く感じで外していく。
3本あるうちの2本を固定して残り1本で外すと・・・これまた簡単♪
要は慣れだな。もっと難しい物だと思っていたが若干拍子抜けである。

そしてチューブとタイヤを交換して今度はホイールにはめる。
これが一番の難所。チューブを傷つけないよう慎重に作業していく。
仮にチューブがホイールとの間に噛んでしまったらバーストという事態を引き起こす。
そうなると下り坂とかならば命の危険すらあります。なので大事な作業です。
が・・・これぐらいは自分で出来ないと、出先でパンクした時に泣きをみます。
なので練習も兼ねてやってみましょう。

すると・・・途中まではすんなりとはまります。
問題は残り少なくなってから。どうしても最後の数cmをはめるのは力技になりがち。
最初は途方にくれかけたが、それまでにはまった部分を改めて整えていくとなんとかはめる事ができました。
空気を入れてテストもしてみたがどうやら問題なし。
チューブがホイールに噛んでいる様子もないので、どうやら成功したみたいです♪

ここまで大体30分ぐらい。手先が不器用な俺にしては上出来です。
そしてもう1個も交換し(バルブが出てないとかトラブルはあったが)タイヤ交換終了。
案外やれば出来るもんだな♪
この際ディレイラーとかチェーンとかも換えたくなってきました。
こうなるとイジリ欲が出てくるんですよね。クルマとか釣具と同じで・・・
お金がドンドン出て行きかねません。困った物だけど仕方ない。
放置していたからこんな状況になった訳だしね。

あとは組み立て。取り外しと同じくすぐに終了。
空気を入れて少し走ってみる。
すると・・・ペダリングが軽い!

タイヤを30C→28Cにしただけでここまで変わるとは思いませんでした!
クルマと原理は一緒で、タイヤの接地面が少なくなるとエンジンの負荷も少なくて済み、ペダリングが軽くなるのは知っていたがここまでとは・・・
その分安定感は減ったけど、これぐらいなら十分いけそうです。
ただし段差とか側溝、そしてマンホールのフタとかでのスリップには気をつけましょう。
タイヤが細い分、グリップはもちろん落ちるからね。

ちょっと感動したのち、今度はサドルを交換。
サドルポストにつけていた鍵と干渉して六角レンチをはめれなくてちょっと焦ったが、クルマの工具箱の中に先が曲がった六角レンチがあった為解決。
サドル交換なんかはタイヤ交換と比べたら簡単な物。
ただしサドルは必ず地面と平行に着ける事だけ注意しました。
そうじゃないとどんなサドルでもお尻が痛くなるらしい。
正直サドルに体重をそこまでかける訳じゃないが、お尻が痛いのは嫌というか苦痛だからね。
そんなこんなでサドルとタイヤ交換が完了しました。

c0001632_6425447.jpg


意外とレーシーな感じになってきましたな・・・
どちらかといえばMTBよりにシフトするつもりだったが、これはこれでいいか。
せっかくなので近所を一走りしてきましたが、特に問題はなさげ。
気になるのはやはりサドルの形状だが、これはサドル、お尻両方の慣れの部分が大きい。
使っているうちにサドルも馴染んでくるし、お尻も慣れてくるのでしばらく乗ってみましょう。
サドルを着ける位置(前後)も関係あるからね。

あとは駆動系だが、これはショップに持ち込まないとだめかな?
フロント、リアともギアが錆びてきているし。
なのでどうしてもカタカタと音がします。スプロケット換えちゃおうかな・・・?
走行している上での抵抗にもなるし、気分的にもよろしくない。
その上変速も一発で決まらないので、この辺も修理が必要そうです。

それともう一つ。ハンドルがもう少し高くてもいいのかな?
サドルが低ければ解決できるのだが、クロスバイクはシートの高さの調節は不可。
なのでハンドルで調整します。その為の部品も確か売っているし。
これは急がないけど細かい割に効果は大きそうなので、調べてみる事にしましょう。

これでとりあえずツーリングには行けるかな?
来週辺り、少し長距離を乗る事にしましょう。
週一の目標がなかなか守れていないから、距離だけでも稼いでおかないとね。
そして体重が減れば言う事無しなんだがな・・・
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-11-28 06:50 | 自転車 | Comments(0)