肝心な時に使えない携帯

俺の携帯は、俺と同じで肝心な時には電池が切れている傾向があります。
道具という物はどうしても持ち主と似てしまうものなのでしょう。

日頃電話が無い時は普通に電池も充電しています。
が、電話が掛かってくる時に限って電池切れを起こしている事が多いです。
俺自身電話嫌いなので携帯電話を軽視している上、毎日充電する習慣すらない。
なので昨日の出勤時に田園都市線が止まっていた時にも電話が入っていたようですが、その時にはすでに電池が切れていたらしいです。
というか家にいる時点で電池切れの携帯をそのまま持っていっていたようです。
なので全く携帯電話の意味をなしていません。

そもそも、いつでもすぐに電話に出れるのが当たり前の感覚っておかしくないですか?
どうも俺は、携帯電話に縛られているような気がして嫌なんですよね。
ほんの10年ぐらい前までは固定電話のみで、外出している時に電話に出れないのは当たり前でしたよね。
なかなか連絡がつかないのも普通だったと思います。
それが今は携帯電話は財布と同じぐらい、下手したらそれ以上に重要なツールになりました。
いつでもどこでも連絡がつく分、余裕が無い世の中になった気がします。
道具の進化って恐ろしい物である。

ところで、10年ぐらい前までは電話番号なんて自然に覚えてしまっていたものです。
しかし今、空で言える電話番号が一体何件ありますか?
昔は10件ぐらいはすぐに言えたものだろうが、今は自分の電話番号すら怪しいはずである。
赤外線通信とか、メールとかで番号を覚えていなくてもアドレス交換が出来るからね。
テクノロジーの進化で人間がバカになっていく典型だと思うがな・・・

同じような事は電話だけでなく、各所で出ている気がします。
そのうち現金でのお金の払い方すら分からなくなってしまうかもしれません。
ある意味怖い世の中である・・・

ちと脱線したが、こういう訳で俺はなかなか電話には出ません。
プライベートでは電話が鳴ってても億劫だと思う事すらありますので・・・w
一発で捕まったらラッキーだと思ってください♪
こんな奴がいたっていいじゃないか!と俺は思うけどね・・・
まあ、待ち合わせ時とか遊びの予定がある時とかに充電する習慣はつけようと思います。
責任のある立場にもなっていく訳だろうしね・・・
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-12-05 04:27 | 雑記 | Comments(0)