彼はどうなんだろう・・・?

新人歓迎会及び新任との上司との親睦会という事で、昨晩飲みに行ってました。
凄腕の先輩と釣り談義、と思いきや隣に座った新人の子が凄かったです・・・w

彼は最近入ってきたのだが、とにかくテレビ大好きっ子♪
会社でテレビを見ている時とか、目をキラキラさせつつとても嬉しそうに見ています。
そして興味のある事には非常に積極的なのだが、それ以外の事は全く興味を示しません。
なので簡単な日誌を書く時とか、仕事を教える時とか非常に周りが苦労しています・・・

飲み会の時も自分の興味のある事(笑点ネタとかw)を一生懸命語ってました。
正直誰も聞いていないのだが、落語家のセリフを真似してみたりとか・・・
いくら好きなテレビ番組でも、セリフを覚えているなんてある意味凄いと思うが・・・

誤解の無い様に言っておくと、彼の行動に悪気は全くありません。
根は非常に真面目で、言葉使いも必要以上に丁寧ですが、敬語の使い方は間違ってます。
(自分もテレビを見た、の意味で「自分もテレビをご覧になりました。」とか・・・)
だがその行動は「普通」という領域を明らかに超越しています。
いい子なんだけど、仕事をする上では「どうなの・・・?」という訳である。

仕事を教えている人達もその点で非常に苦労しています。
彼とはとにかく会話がままならない、仕事を教えても覚えるのに人の数倍時間が掛かる。
その上教えてもらった事すら覚えていないという状態である・・・
彼には「悪気」は一切無いだけに、みんな余計に苦労している訳である。

このままでは彼、そして周りとも非常に可哀相でなりません。
というのも・・・こんな事を書くと色々語弊があるかもしれんが、彼は普通の人と能力が違うような気がしてなりません。
俺は医者ではないので確証を持っている訳ではないが、彼には何か障害でもあるのではないかと思ってならないのです。

そんなこんなで調べていくと、恐らくこれではないか?と思う症状がありました。
その症状は、もしかしたら俺も若干値しているかもしれません・・・
ここで実際に症状名を挙げる事はしないが、そういう人達の特徴としては

人と話す時に相手の気持ちが(先天的に)理解できない
会話の際に身振り、手振りが無い
話の行間を読む事が非常に苦手(皮肉や冗談が通用しない)
自分が興味を持つ事には異常な行動を示す
関心のある分野だと長々と1人で話し続ける(コミュニケーションのキャッチボールが無い)
コンピュータとか、列車の時刻表とか、地図とか、規則的な物に興味を持つ
特異な言語感覚で話す事がある(滑稽なぐらいの丁寧語や文体でしゃべる)
機械的な記憶力が凄い
運動神経が悪く、空間認識能力が無い
ごっこ遊び(ままごと、戦隊ものごっこ)ができなく、1人遊びが多い
日常生活をパターン化する


といった事があてはまるようです。
この特徴、俺や彼に値する事が多いような気がしてならないのである。
彼は先に上げた事例が示すとおりです。
「興味のある分野の事を1人で延々と話し続ける」とか、「特異な言語感覚で話す」とか。
もしかしたら、「機械的な記憶力が凄い」も当てはまるかもしれません。
俺の場合でも、成長に伴い若干収まってきたがかなり事例にあてはまります。
下記に例をあげていってみましょう。

まず、相手の気持ちを汲み取りにくい為、なかなか会話が繋がりません。
言わんとしている事が伝わらない事、日常茶飯事ですよね・・・
そして冗談を真に受ける事。これは子供時代多かったな。
小学校時代、宿泊訓練の際のレクリエーションで学年中全員が集まっている時に、冗談で「好きな人の名前を言ってみよう♪」と言われて本当に大声で告白したり・・・(爆)
その子はその晩、メチャメチャ傷ついてたっけ・・・我ながらなんて事を!

そして運動神経、はっきり言って皆無。
フットサルでも球はまともに蹴れない、そして走れない(太ったせいもあるが)
ボーリングも散々な結果ですよね・・・
腕の力なんて俺は女性なみの力です。
冗談抜きで腕相撲、男に勝った事は一度もありません。

空間認識能力についても同じ。
クルマを運転する上でも、未だにバックだけはうまくならないし。
物にも結構ぶつかってますからね。走っててドリフのコントみたいに看板に激突した事もある。
それに日常生活のパターン化。俺は早番と夜勤だと、家を出る時間をきっちりと決めてます。
早番の場合そういう人が結構いるらしく、同じ人を同じタイミングで見かける事も多いです。
あと1人遊び。ガキの頃から今まで大好きですねえ・・・

ガキの頃の遊びと言えば
1人で野球盤をやる。(粘土を丸めて観客まで作ってました。)
1人で三輪車を乗り回し、こけて鳴く。
1人でミニカーで遊ぶ。

こんな事ばかりやってました。

少し成長すると、本屋に立ち読みに行くとか、博物館に鉄道模型を見に行くとか・・・
小2~小4か小5ぐらいまで、鉄道模型大好きだったもんな・・・
小3ぐらいなのに、「鉄道ジャーナル」とか立ち読みしていた記憶がある(爆)
中学・高校になると1人遊び癖は収まってたが、社会人になり釣りという形で復活。
そして今に至るという訳である。
実際1人遊びは誰にも気を使う必要が無いから気楽である。
そういう考えを持つ事自体、俺もその症状に当てはまっていると思われるのである。

その割には俺は記憶力に乏しい気がするのだがなあ・・・?
ここでは「症状」という書き方をしているが、要は普通の人とは脳の構造からして違うらしい。
実際に社会生活もこなしていける(俺が仮にそうだとしても、まあ曲がりなりにも生きてる)ので、悲観する事でもないだろうが、周りとは違うという事を認識しなくてはいけないらしいのだ。
分かりやすい例えを使うと、俺や彼は「マッキントッシュ」で周りは「ウィンドウズ」。
すなわち、能力は変わらないが互換性が無いという事である。

仮に彼もそうだとすると、理解してあげないと可哀相かな?と考えています。
俺は曲がりなりにもどうにかなっている(?)から別にいいんだけどね。
ちなみにその脳の構造は、ビル・ゲイツやアインシュタイン、織田信長や源義経等と同じらしい。
となると、むしろ誇るべき事なのかもしれません。

とにかく、彼を「ヤバイ」とか「おかしい」とか単純に遠ざけず、理解するように努めたいものです。
その方がお互いにとっていい事だと思うからね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2008-02-08 10:33 | 雑記