また微妙な結果・・・

後輩達が甲子園で試合をしていた頃・・・不肖な先輩は麻雀に興じておりました。
先輩宅に転がり込み徹夜で半荘4回。
慣れた人ならばもう少し回せたんだろうけど、初心者もいたから仕方ないでしょう。

ただ彼のお陰で俺の負けが少なくて済んだのも事実。
俺がへこまされた分を彼からキッチリと回収できたのはよかったかな?
結果はトップ1回、飛びのラス1回と僅差の3着が2回。
ワンツーのルールだっただけに、いずれも数百点の差で捲られた僅差の3着2回が痛いね。
結果、なんとか-9で収まりました。
1枚切れの東を放銃して飛んだ時はどうなるかと思いましたよ・・・

結果として今回もつつがなく打ち回す事ができました。
が・・・どうしても一歩抜け出しきれないのはなんでだろう?
僅差の3着2回が象徴しているように、勝負所で勝負しきれていなんですよね。
まるでサッカーの日本代表みたいな煮え切らなさである。
それがなくなれば大幅プラス、とかに持っていく事もできるのでしょう。でも難しいね・・・
いい勉強になるので、今後も機会があれば打ちたいものです。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2008-03-31 10:56 | 雑記