かなり早くはなりました。

インターネット回線をADSL12Mからケーブル30Mへアップグレードしました。
早速新しいモデムを繋いだ後色々と設定を行い、メールの設定にちょっと苦労したが今しがた落ち着いたところである。
値段も安くなるのに加え、現状のADSL12Mでは速度も大分遅かったので、部屋にテレビの工事が来た際にアップグレードを依頼しました。
まあ営業マンに押された部分もあったけど、現状に不満があったのも事実だからね。

アップグレードした印象としては、動画閲覧や画面の切り替えが早くなった感じ。
実際にスピードテストで計ってみると、安定はしないものの下りで12~18Mぐらいの速度は出ているみたいです。
画像表示とかセキュリティソフトのダウンロードとかだと明らかな速度上昇が見られるので、この数字は大方信用してもいいでしょう。
今までは下り1.7Mがやっとだったので、NET環境は大分改善はされました。
ケーブルだから利用者が増えれば速度が低下する可能性はあるけどね。

しかし・・・画面がサクサク表示されるようになったのはいいのだが、肝心のマシンパワーは相変わらずなので、処理の遅さの根本的な解決にはなっていません。
これを解決するにはもはやPCの買い替えしかないのだが、このところの原油高による物価高の中で高い買い物をする事が得策なのかどうか・・・
購入候補はNECのノートパソコンとほぼ決まっているのだが、買い替えとなると15万~20万円程度のお金をみておかないといけませんからね。

この先どれだけ物価があがるのか分からないので、お金は大事に使っていかないとね。
ただでさえ釣りに行って高価なガソリンを燃焼させているのだから・・・
とりあえずはストレスなくNETが見れるようにはなってきたので、様子を見る事にしましょう。
これで数年間は今の状態で行けばいいんですけどね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2008-07-04 16:24 | 雑記