リポビタンDのお陰で朝10時まで

コックピットから帰ってきた後は近所の雀荘で先輩と落ち合い、抜け番1名を加えた5名で麻雀を打っておりました。
俺にとって麻雀は釣り部の野尻湖戦後以来。
実はあの時はちょっと負けたので、今回はそのリベンジマッチという一面もあります。
ただし面子は違うので、「江戸の敵を長崎で」という部分もあるんだけどね。

そんな意気込みで望んだ今回の麻雀。
しかし朝から寝ていない状態のまま望むと撃沈は確実な面子なので、コンビニでリポビタンDを飲んでドーピングを図る俺(爆)
そのお陰で翌朝10時までという長時間にも耐える事ができました。
それにしても麻雀やら釣りをしていると、どうしてこんなに時間が早く経つんでしょうね?

肝心の内容はというと、抜け番有でやっていた時は東風割れ目有の通称ワレポンルール、4人でやっていた時は半荘のワンツーでやっていました。
結果から言うと、ワレポンの時は-22、半荘だと+3とチョイ負け。
この面子相手だとよくやった方だが、勝つチャンスもあっただけに煮え切らない結果。
己の「無謀な勝負をしたい欲求」に打ち勝たないとそれ以上の進歩はなさそうです。

ダマテンで一翻落としてクレバーにあがる、という事ができればもっと強くなれるんだろうけど、それじゃあ面白くないからリーチを掛けて勝負に行ってしまうんですよね・・・
それともいっその事佐々木寿人プロのようにリーチマシンと化すかのどちらかだと思うが・・・
俺的にはリーチマシンの方が面白そうですけどね。佐々木プロの打ち筋は好きだし。
俺はリーチを打たずに後手を踏むのがとにかく大嫌いなんですよね。
だからついついリーチを打ってしまうんですが・・・それはどうなんでしょうね?

今回も連和を振り込みそうになったり、混一色で倍満を上がったりと色々ありました。
やっぱり麻雀は面白いですね♪
今度は点数計算を何とかして覚えていきましょう。
その方がシビアな勝負になった時に有利だと思うからね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2008-07-06 19:00 | 雑記 | Comments(0)