最近の読書

近頃小説を読む機会が増えてます。
最近読んでいる本を挙げてみると・・・

池波正太郎 「剣客商売」シリーズ
森見登美彦 「太陽の塔」
自己啓発本数冊(松下幸之助、野村克也等)

といった感じでしょうか。
特に「剣客商売」にはまってますね。俺も時代小説好きだな・・・
池波正太郎の時代小説は風情があっていいですね。
俺も少しは「風情」とか「人情」というのが分かる歳になってきたのでしょうか?
高校時代だと見向きもしなかった本にはまっている、というのだけは事実なようです。

ただいつも時代小説というのでは視野が狭くなるので、後輩の勧めに従って読んでみたのが、森見登美彦の「太陽の塔」。
この話、もてない男子大学生4人組を中心とした妄想の世界の話でかなりディープ。
こんな奴らって結構多いんだろうな。俺ももてないだけにクリスマスが憎い気持ちはよく分かるw
たまにはこういった話を読んでみるのも面白いですね。

最近は本屋に行くと店にいる時間が長くなりました。
文庫本の棚の前で「次は何を読もうかな?」と考える事が多いです。
このままだと家に次々に本がたまっていく勢いですね。
となると・・・書斎を作る為にも引っ越しを考えてもいいのかもしれませんね。

まさか三十路を前にして読書趣味がぶり返すとは思っていませんでした。
高校時代と匹敵するぐらいの乱読振りである。1週間に3冊ぐらいは平気で読んでますね。
色々と視野を広げて勉強する為にも、いい本を読んで行きたいですね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2008-10-06 18:25 | 雑記