2017年 08月 11日 ( 1 )

振り返り⑤ 入院生活

振り返りもこれで最終にしたいと思います。最後は入院生活はどうだったか。
一言でいうと色々辛かったです。家にいれる事に幸せを感じます。

よく言われる「退屈」さは、タブレットとポケットWifiのおかげであまりありませんでした。
入院中一番欲しかったのは「静謐」。
それがあったのはトイレの個室だけでした。病棟があんなに賑やかなところだとは…

それはさておき。具体的に振りかえっていきましょう。
まずは音。俺は無頓着な方だと思っていましたので、入院前もあまり準備しませんでした。
他人のいびきも大丈夫なので、迷惑をかけないためのイヤホンと、為念で耳栓があればいいかな?と…

ところが、入院初日の同室の爺さんに思い知らされました。
何度か書いていますが、夜中に行動する音、うめき声、大音量でのテレビ、看護師さんの見回り…
いびきではなく、うめき声や何しているか分からない物音はうるさいよりも「怖い」。
しかも夜中に大音量でテレビをつけるような常識外の事が起こるとは「想定外」でした。

まあこの人は特別なのかな?と思いきや、部屋が別になった術後にも同じ思いをします。
今度は別の爺さんが夜中にナースコールを頻発し、その都度起こされる事態に遭遇しました。

夜中に目が覚めるのは仕方ないです。消灯時間も早いし生活リズムが違うのも理解しています。
単独行動が禁じられており、トイレ等何かする都度看護師さんを呼ばないといけないのも理解していますが、昼間と同じ声で看護師さんと世間話を必ずやりながら、禁止のはずのスリッパでペタペタと大きい足音をさせて病室を歩かれるのは本当に勘弁してほしかったです。

明かりをつけられる事もしばしばでした。明かりと物音で目が覚めて「ああ明るい!今日は朝まで寝れたかな?」という感覚で時計を確認した時、夜中0時半で原因は爺さんのナースコールだった時の絶望感たるや…
起こされた後は、大概入れ歯を入れるような音がしだしてなかなか寝つけません。耳栓は耳が痛くなるし…

よって睡眠不足の日が何日か続き、体力が回復しないうちは本当に辛かったです。
個室への移動も真剣に考えましたが、その前に体力が回復して気分もだいぶ楽になりました。

人間不思議なもので、体力があると多少の音ぐらい「まあ、いいか。」となるものなんですね。
それからは目が覚めたら覚めたで、スマホで麻雀をしてました。おかげで役満(四暗刻)もあがったし。
ただそれまでは殺意を感じそうなぐらいに辛かったです。

起きてからも患者さん(特に年配の方)と話す看護師さんの大声や、面会時間に押し寄せる見舞い客の会話、昼になると大した事でもないのに「助けてくれ~、早く~!」と叫びだす爺さん、ちょっとした事で看護師さんに文句をつける爺さん等、とにかく病棟はにぎやかでてした。

例えば日中、ゆっくりしたいと病室にいたとします。
すると面会可能時間になると、面会客(ご家族?)が現れ同室の爺さんと数時間話しだします。それが毎日。

それに加え他の患者さんは長電話しています。しかも最初の数日は中国の方で、会話が中国語。
ただでさえ落ち着かないのに、何を話しているのか皆目分からない分、さらに落ち着く事ができません。
中国の患者さんが退院しても、その後入院した患者さんも同じでした、会話は日本語にはなりましたが…

仕方なくデイルームへ脱出すると、おばさま方数人による終わりなき井戸端会議。これもほぼ毎日。
なのでイヤホンをしてスマホで音楽を聴きながら、タブレットで動画を見るかゲームをする日々。

トイレ飯をする大学生の気持ちが分かりました。落ち着くには完全防御するしかありません。
一体何しに入院しているのか分からない状況で、一刻も早く退院したかったです。

後は体力が回復してからというもの、あまりに味気ない病院食に辟易していました。
ここでも「為念」で持ってきたスルメのふりかけが大活躍でした。

このふりかけとたまに出て来る果物が、食事の時の唯一の楽しみでした。
あとは醤油と塩をコンビニから調達して、病院食にかけた時の味のおいしさ。
そして退院後即、外のレストランで食べた冷やし中華のおいしさは生涯忘れません!
食べ物のありがたみを非常に感じた入院期間でした。

入院というとゆっくりするものと思っていましたが、実際は命を懸けた戦争のようでした。
体力を回復するため、より消耗しないように早く脱出するにはどうするか。

そうしないと精神的にやられそうな場所だと感じました、もう二度と入院したくないですね。
そう考えると日々の生活がある事は幸せです。これを大事にして生きていきたいと思います。

[PR]

by yrv9985-2450 | 2017-08-11 07:59 | 闘病記 | Comments(0)