カテゴリ:雑記( 1460 )

近所だったので・・・

昨日更新した通り、今日は自転車を休んでとある所に行ってきました。
c0001632_20181849.jpg

実は俺、バレーを見るのが結構好きです。
そんな中、家から電車で30分かからない町田にVリーグが来るとの事で・・・
c0001632_20183251.jpg

見に行っちゃいました♪

今週町田に来るという情報を仕入れ、金曜日ローソンでチケットをゲット。
試合開始1時間前のアップから第2試合終了まで、しっかりと見てきました。
まず第1試合。
c0001632_20255269.jpg

c0001632_2026417.jpg

デンソーvsトヨタ車体。
この2チームのスターティングメンバーをほぼ言えれば、結構バレー通だと思います。
この2チームとも結構強いチームなので、いきなりの好カードです。

試合は自力に勝るデンソーが優位にすすめていきました。
エベ、奥田をセッターの熊谷がうまく使っていきます。
対するトヨタ車体も、アメリカ代表センターのアキンラデェオを中心に反撃。
しかしトヨタ車体はアキンラデェオがバックに下がって不在の時に点差を広げられていきました。
デンソーはサーブで崩して、その後都築を徹底マークしていた感じがします。

結局デンソーが第1,2セットを連取。
しかし第3セット、葛和監督の激が効いたトヨタ車体が反撃。
特に眞が絶叫調でした。このセットはデンソーを全く寄せ付けずにトヨタ車体が取り2-1。
ただ次のセットは熊谷が井上、矢野のセンター線を中心とした攻撃に変えてきました。

やはり井上は凄かったですね。ブロードのスピードとキレが半端じゃありません。
トヨタ車体は対応できないままずるずると引き離されそのまま終了。
終わってみれば3-1でデンソー。これでデンソーは今年初勝利、連敗脱出です。
c0001632_20333621.jpg

試合後のインタビューでの熊谷選手。連敗が辛かったのか、涙ぐんでましたね。
結構応援している選手なので、勝ててよかったですね。

そして第2試合。
c0001632_21121389.jpg

c0001632_21123741.jpg

NECvs東レのこれまた好カード。
東レは目下2位で、NECよりも格上のチーム。
しかしながらなぜかNECを苦手にしていて、試合は毎回もつれます。
なので今回も一筋縄では行かず、フルセットの可能性も十分あるなと思っていました。

試合は案の定白熱しました。
まず第1セット。
c0001632_20374449.jpg

この大応援団に後押しされたNECが東レを圧倒し、大差でセットを取ります。
それにしても、NECの大声援は凄かったです。
こういうのって、会社で動員されて嫌々ながら応援しているのかな?と思っていました。
ところがNECが1ポイント取る度、地鳴りのような大声援が響いてきます。
この声量は明らかに好きで応援してますね、失礼しました・・・

特に勝負どころなんて声援のボリュームが半端じゃないです。
NECは完全にホームアドバンテージを持って戦ってました。Vリーグにもあるんですね。
実際に東レの若いセッター田代は、この雰囲気に飲まれていた感じがありました。
田代はいいセッターですがまだ19歳。さすがにこの状況は荷が重かったようです・・・

それでも第2セットも東レは田代を使います。
東レの菅野監督は、こうして若手を敢えて使い育てていくやり方をします。
時には1~2試合捨てる事も平気でします。
この試合も半分はそのつもりだったのでしょう。しかし第2セットは接戦になりました。

22点ぐらいまで東レもNECも一歩も引きません。
勝負を決めたのは、23-22から、NECの内田が難しい二段トスをブロックアウトとした所でした。
(ここNEC応援団から一際大きい歓声。さすがに分かってますね・・・)
内田は本当にいい選手です。こうした勝負強さは抜群です。
このセットもNECが取り2-0。ただ東レもこのまま終わるチームではありません。
第3セットどう立て直してくるのかな?と思っていました。

すると第3セットは中道がスターター。さすがにセッターを変えてきました。
そのせいか、荒木、木村、迫田が生き生きとして点数を決めていきます。
さすがは中道ですね。この辺は年期の差でしょう。
東レはあっさりと第3セットを奪取。勝負は第4セットへと持ちこされました。

第4セットは第2セットと同じ接戦。やはりお互い一歩も引きません。
僅差のまま先にセットポイントを握ったのは東レ。だがNECも追い付きデュースへ。
28-28から今度はNECが先に出ます。
しかし東レも木村、迫田を中心にくらいついてはなれません。

木村はこんな時でも冷静でした。本当にあの手この手で得点を重ねていきます。
ストレートを打つふりをして、手だけインナー側へひねってスパイクを打ったりとか・・・
相手のいない所にキッチリとフェイントを落としたりとか・・・
わざと緩いスパイクを打ってレシーバーのタイミングを外したりとか・・・
この人の引き出しは一体どれだけあるのでしょう?本当に凄い・・・
生で見て、改めて木村の凄さを実感できました。

また迫田が飛んだ時の高さが高い事・・・
生で見た迫田のバックアタックもやはり凄かったです。
この人は空中で一瞬浮いてますからね。凄いジャンプ力です。
一体どこでそんな筋肉を鍛えたのでしょう?

ちなみに迫田は鹿児島西高(俺の母校の隣の高校)出身なので応援している選手です。
去年の今頃から頭角を現し、代表で活躍したのはご存じの通り。
このバックアタックは何度見ても気持ちいいです。
代表でも江畑に負けず頑張ってほしいものです。

そんな迫田や木村がいる東レを相手にしても、NECは一歩も引きませんでした。
最後は内田のサービスエースが決まり、31-29で勝負あり。
マッチポイントで内田がサービスを打つ前、胸に手を当てて集中していたので、「ひょっとするとサービスエースを狙っているな?」と思ったら案の定でした。
先ほども書きましたが、本当に勝負強いですね。

実は俺にとって、今期NECを見るのは初めて。
セッターの松浦(麻)のトスワークが抜群だと思いました。
東レのブロックは完全に翻弄された結果、最後まで杉山、内藤の両センターと新外国人のガライを止める事ができませんでした。
杉山のブロードも凄かったですね。速くてキレもあるし、まだまだ十分代表でやれますよ・・・

去年のNECは、強い所に勝つけどとりこぼしも多いチームでした。
正直箸にも棒にもかからないチームだったのですが、今日は強かったですね。
ホームの大声援の後押しがあったとはいえ、東レに競り勝ったのは大きいです。
これで東レは3敗目。首位争いで今日勝ったJTに差をつけられてしまいました。
ちなみにファイナル出場権の3~4位争いは大混戦。
NEC、デンソー、久光製薬、トヨタ車体のどこが出てきてもおかしくない状態となりました。

今年は各チームの実力差が詰まっているので面白いですね。
そして初めての生でのVリーグ観戦。色々失敗もありましたが非常に面白かったです。
テレビと違うのはやはり臨場感。特に音の部分が全然違いました。
選手、応援団、観客の声がとにかく凄かったです。

また、プレイ中の写真を取るのは難しいですね。
選手のアップをもっと撮りたかったが、俺のコンデジと自由席からではこれが精一杯です。
次はもう少しいい席で見れるよう、チケット代を弾もうと思います。

普段やらない事第2弾、これも非常に充実していました。行ってよかったです。
今期レギュラーラウンドの関東開催は、NECのホームゲームである等々力か、パイオニアのホームゲームである東京体育館しか残っていません。
今回の町田のように近所ではありませんが、時間とチケットが取れれば行ってみましょう。
本当に面白かったです。いい経験になりました。
やはりライブはいいものです。ぜひまた行きたいですね。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-01-16 21:08 | 雑記 | Comments(0)

大山詣

今週末はリフレッシュ休暇という事で、実は4連休を頂いています。
せっかくの休みなので、有意義に使わせて頂きましょう。
という事で、普段あまりやらない事をやりたいと思います。
その第1弾として、大山詣に行ってきました。
c0001632_2224821.jpg

年初、毎年会社の集まりで行っているのだが、それにお供するのは今年が初めてです。
麓までバスで移動した後、女坂を登り大山阿夫利神社の下社へ。
普段自転車に乗っているお陰か、上りは案外いけました。
ただ帰りの下りは、膝が笑うほどしんどかったです。
間違いなく体重の影響ですね。自転車で絞らねば・・・

上ったら茶店で早速ビール。その後女坂を下り麓の旅館で昼食、そしてビール。
要は、神社に参拝し、祈祷してもらった後はどんちゃん騒ぎという事でした。
これで本当に御利益があるのかは疑問ですが、まあいいんじゃないでしょうか・・・w
「笑う角に福来る」といいますしね。

今年1年も大過なく、無事過ごせるといいですね。
第2弾は・・・明日自転車をお休みしてとある所に行ってきます。
乞う、ご期待・・・?
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-01-15 22:33 | 雑記 | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

今年も1日遅れですが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年の正月は仕事が無い為、久しぶりにのんびりできます。
早速元旦、三増峠まで軽く走り始めをしてきました。
前回課題となった下り坂のブレーキングも、下ハンドルを握るといい感じです。

ただ、下ハンドルだとブレーキバーまでの位置がちょっと遠い・・・
俺は指が短いので、ブレーキに指の第一関節しかかかりません。
ブラケットもちょっと遠い感じがするので、ハンドルの交換を考えてもいいかもしれません。
走り始めの後は地元の神社へ初詣へ。
今年もおみくじは大吉でした。なぜかここだけは運がいいんですよね。

ところで、普段の足用としてママチャリを買いました。
買ったのはブリジストンの「サブナードスポーツ」。
ママチャリとはいえ、サドルを適正な高さにするとなかなか走ります。
20km巡航ぐらいは普通にできますね。
外装6段の変速はちょっと微妙ですが・・・まあこんなものでしょう。

正月休みはママチャリで近所をポタリングしています。
グランベリーモール、オークシティ、サティ、ドイトなどなど・・・
家の近所に店は少ないが、自転車圏内だと結構店が多くて便利です。
こんなことならもっと早く買っておけばよかったですね。

会社の通勤も自転車に切り替えようと思います。
帰宅途中に寄り道するのもいいだろうしね。
ママチャリとはいえ、4~5km走ると意外に汗をかくのでいい運動です。
走行距離をもっと伸ばしていきたいですね。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-01-02 17:44 | 雑記 | Comments(0)

今年も終わり

今日は大みそか。
走り納めに行こうかと思いましたが、前日の納会の影響で昼まで寝てました。
よって午後ローラー台で1時間汗を流し、今年の走り納めとしました。
今年1年も大過なく過ごす事ができてよかったです。
これも周囲の方々に支えて頂いたお陰です。来年もよろしくお願いいたします。

今年はとにかく、自転車三昧な1年でした。
趣味は完全に釣りから自転車に入れ替わった感じです。
去年の暮れにRSR-Fを買って以降、こうなるとは思いませんでした。
まさか車を売りロードバイクを買って山中湖箱根熱海に行くようになるとは・・・

今年の走行距離は5000km弱です。
クロスバイクで2000km弱、ロードバイクでは3000kmを走りました。
ロードを買って半年で3000km・・・我ながらよく走ったものです。
その割に体重は減りませんでしたが、ローラー台導入でどこまで効果がでるか。
これは来年に期待です。

仕事の面でもある意味充実した1年でした。
上司が変わり、自分で色々考えなくてはいけなくなり、非常に頭を使いました。
今までで一番頭を使った1年だという事は間違いないですね。
使い方が合っていたかどうかは自信がありませんが・・・
まあ大過は無かったので、それなりには合っていたのでしょう。

読書の方はというと、恐らく年間で100冊は読みました。
ビジネス書、心理学、自転車本、街道をゆく、禅、寝る前に最適な雑学本などなど・・・
ただ積み本も何冊かあるので、この正月休みで読み切りたいです。
本屋に行くと面白そうな本に目移りして、まだ読んでいない本があるにも関わらず新しい本をついつい買ってしまうので、来年はなるべく読み切ってから本屋に行くようにしましょう。

自転車、仕事、その他諸々と、来年に向けた課題は山積みです。
が、少しは1年間で成長できたのかもしれません。
来年も色々な事があり、色々と考える事でしょう。
そうした物事を通して、自分を高めていきたいです。

それでは、よいお年を・・・
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-12-31 21:40 | 雑記 | Comments(0)

麻雀三昧

今週末は2夜連続麻雀と、麻雀三昧な週末になりました。
たまにはこういうのもいいでしょう。

初日は仕事の後飲みに行き、その後流れで麻雀へ。
たまの勝負手以外はさっぱり手が入らずにじり貧。
そのたまの勝負手も捲り合いになる→高額振り込みという悪循環に陥り-140。
TOPも2回ほど取ったのだが、後はほぼドベで出入りが激しい麻雀でした。

朝まで麻雀をした後、仮眠もそこそこに夕刻より再び麻雀。
今度は野尻湖マスターが大阪から東京へ来るとの事で、釣り部のメンツで集まりました。
そこで前日の負けを取り返そうとしましたが・・・

出だしの半荘の東2局。親は俺で軽快に3連荘していました。
点数も36000点強持っている状態でダブ東を泣き跳満テンパイ。
まだ9順目。ノーケアで9ピンを切りだしたところ・・・

「ロン!」×2

俺の9ピンはチャンピオンの国士無双+カープ君の満貫に見事に刺さっていました・・・!
合計で43800点の支払いで当然トビ。役満振り込んだ時にダブロンって普通あるか?
結果、今年2回目の国士無双放銃(+おまけ付き)となってしまいました。

後から考えると、役満気配が出た時、チャンピオンはやけに雄弁にしゃべっていました。
捨て牌も中張牌が最初に出て、後から字牌のドラ(中)とかを切りだしていたから、注意して見ていると役満気配に気が付いていたかもしれません。
しかしその時の俺は自分の手牌中心で見ていて、まったくのノーケアでした。
前回の国士無双放銃の時もそうでしたが、よく考えるとバレバレだったんですね。
相変わらず注意力が足りませんね。学習能力が無いというか・・・

そんなこんなで出鼻を完全にくじかれ、その後は絵に描いたような負けモードに。
例えば俺が親の時に跳満テンパイのリーチ→野尻湖マスターに追いかけられ倍満放銃。
その後も刺さり続け、南2局で持ち点はついに300点に。
リーチも掛けられない上にノーテンで罰符でも飛び終了の状況に陥りました。
そんな中でも、次局は親で先につなげたい状況の為、チャンピオンのリーチに対し、

「降りても飛びか、行くしかねえ・・・」

とテンパイもしていないのに突っ張る羽目になったりとか・・・
(その局は奇跡的に乗り切りましたが、次局で上がられ結局飛び)

ツモは来ない、勝負手は振り込みに回るという悪循環は前日以上でした。
まあいきなり役満を振り込んだらこうもなるわな・・・
それも当たり牌は比較的可能性が低いワンチャンスとか、筋引っかけばかり。
ついていないときはこんなもんですね・・・やる事なす事うまくいきませんでした。

最終の半荘でTOPを取ったが、それでも-144と前日以上の負け。
2日で-284。しばらく麻雀牌は見たくありません・・・w
MONDOで負けモードに入った麻雀プロを見る事があるが、それに匹敵する酷さでした。
敗因は・・・仕事で精根尽き果て麻雀にまで余力が回らなかった、という事にしておきましょう。
冗談はさておき、事実は実力不足でしょうね。俺の雀力はこんなもんです。

それにしてもひどい負けっぷりでした。ここまで負けると笑えてきます。
実際こうしていいネタになりました。
ここまで出血大サービスをしたんだから、きっと何かいい事があるでしょう。
しばらくはダメージを癒す事として、次は役満は振らないようにしたいと思います。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-11-21 12:11 | 雑記 | Comments(0)

数字は正直です。

ロードバイクを買って4ヶ月弱。
どれほど効果出ているのか気になっていたので、体組成計が欲しいと思っていました。
だがちょっと高いな・・・と思っていたら、型落ちの展示品が半額以下でありました。
という事で、「カラダスキャン」を3980円(処分価格)で購入してきました。

早速家に帰って測定。結論から言うと、4ヶ月で体重変動はほとんどありませんでした。
具体的な数値を挙げると、

体重 83.1kg
BMI  27.1 (肥満1度)
体脂肪率 28.3% (高い)
内臓脂肪 15段階中11段階 (高い)
基礎代謝 1788kcal (30代平均 1500kcal程度)
骨格筋率 30.6% (30代平均 37%程度)
体年齢 48歳 (実年齢+16歳)


という有様でした。実年齢48歳は結構ショックです・・・
体脂肪率も高いし、BMIも相変わらず「肥満」のまま。
これではただのデブ以外の何物でもないです。
唯一の救いは基礎代謝が高い事。しかし自転車の効果か太っているからかは不明です。
自転車に乗ると体調がいいから、自転車の効果と信じたいところですが・・・

この数値から言える事は、週2回、それも晴れた時だけ自転車に乗るだけでは痩せないという事。
一度に100km走ろうが、回数が少ないと効果も薄いようです。
自転車に乗るか、他の運動をしないと痩せないみたいです。

ただ他の運動はとても続きそうにありません。続くのであればとっくにやってます。
自転車は楽しいから続けていられるんですよね。
そうなると、俺が痩せるには自転車に乗る回数を増やすしかなさそうです。
しかし平日は時間がありません。通勤時に乗るか、帰宅後ローラー台に乗るかになります。

現実的に考えると、通勤は会社が近所且つ自転車を置く環境がよくない為非現実的。
遠回りしてもいいのだが、自転車を他の人のママチャリと一緒に置く事に抵抗があります。
これは、風で自転車が将棋倒しになり、傷がつきそうで嫌なのが一つ。
そして露天での駐輪の為、突然の雨で自転車が濡れるのも嫌です。
せめて屋根付きで、自転車を1台ずつ置ける駐輪場があればいいのですが・・・

となると、帰宅後に乗る事になります。
しかし帰宅するとこの時期外は真っ暗。ロードで走るのは危険です。
そこで家でローラー台にクロスバイクを据え付け、漕ぐ事になるかと思います。
ローラー台は結構な投資になりますが、痩せる為と思えば仕方ないかもしれません。
これならば雨の日にもトレーニングできるし。
ジムに通って月謝を払うよりは節約になるかもしれません。

という事で、ローラー台を購入する事にしましょう。
幸い行きつけの自転車屋に在庫はある筈なので、次の休みにでも行こうと思います。
これにRSR-Fを据え付けて、本を読みながらペダルを回せば運動になる事でしょう。
(室内且つ動かない為、DVDを見ようが本を読もうがやりたい放題)
そうなると、本を固定する為の譜面台とか、心拍計のマウントとかも必要かもしれません。
これで効果が出ればいいですけどね。
まずは実年齢=体年齢を目指して頑張りましょう。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-11-17 22:00 | 雑記 | Comments(0)

よいこの君主論

風邪はだいぶ良くなってきました。
今日は休みでいい天気なので、自転車に乗れそうですが、今度こそちゃんと治す為に自重します。
サイクルモードで色々な物をじっくりと見てから走る事にしましょう。

そんな自転車に乗れない中、その分本を読む日々が続いています。
最近は電車に乗って青葉台のブックファーストに行く事が多いです。
一番手頃な距離で、且つ本の数も多いから重宝しています。
そこで、「よいこの君主論」というある意味凄くくだらない本をみつけました。

この本は、小学5年生が、5年3組というクラスを「どう統一するか」について書かれています。
元になっているのはマキャベリという人が書いた「君主論」という本。
この人の考え方は理にはかなっているが、ちょっとぶっ飛んだところがあります。
そんな考え方を「小学生にも分かりやすく」書いた本だとの事でした。

まあ、中身を見れば小学生が読む物ではありません。
5年3組を統一する上で、それぞれの「小君主」が様々な権謀術数を使う訳だが・・・

そんな小学生いるか!

登場人物も癖のある奴らばかりです。
例えば・・・

ひろしくん(10さい) ・・・ 主人公、君主論を読んだが上に覇道を歩む小学生。
りょうこちゃん(10さい) ・・・ 主人公のライバル、金持ち、ツンデレの典型的な設定。
りょうくん(10さい) ・・・ 呂布。運動会の騎馬戦で名馬を送られ裏切る。
まあやちゃん(10さい) ・・・ 一見おとなしいが遠足時にわざとバス酔いをさせて手玉にとる。

こんな奴らがぞろぞろ出てきます。何度も言いますがそんな小学生いません!
他にも終わりの会の弾劾裁判だとか、ドッジボール大会での権力闘争だとか・・・
そんな訳ないだろ!と思いながらも楽しく読了する事ができました。
こういう黒いの、たまに読む分と非常に面白いんですよね。まあ俺という奴は・・・w

また解説の時のはなこちゃんとふくろう先生の言葉がとてもシュールでした。
「愚民どもを・・・」「その意気だよ、はなこちゃん。」
こんなんばっかり。絶対ろくな奴にならねえ・・・

まあ、漫画だと思って読めば非常に面白かったです。
得られた物はちょっとしたカタルシス以外無いと思いますが・・・
あとはぜひともこれを読ませたい奴が一人・・・どんな反応をするか見てみる事にしましょうw
彼はもう持っててもおかしくなさそうですけどね。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-11-04 10:28 | 雑記 | Comments(0)

30分待ち!

せっかくの長期休暇中に暇なので、もう1本アップします。
先日の日曜、情報処理試験に行ってきました。
その時の昼食休憩の際、とある駅前の松屋に行ってきました。

目的はもちろん、手軽でさくっと昼食を取る為。
ところが、食券を買って店内を見るとかなり忙しそう。
昼飯どきだというのに中の店員は2人、店長らしき男性の店員と、パートらしき女性の店員でした。
恐らくバイトの突然の欠勤等で、人数が足りていなかったのでしょう。

洗うべき食器は山積みで、前の客の食べた食器すら客の座るテーブルに置いたまま。
テイクアウトのコーナーには行列。
俺が座った事にすら気付かず、もちろん「いらっしゃいませ」のあいさつもなし。
男性店員は料理、女性店員は応対と片付けにてんやわんや。
もちろん焦って仕事をしているから物を落としたりして効率も悪いです。
俺の所に注文を聞きに来たのは、入店して10分ぐらいしてからでした。

その内、せっかく調理した物をこぼして後片付けに追われたり・・・
持ってきた茶碗からはしを落としたり・・・
注文を聞かれず愛想をつかれた客から、「もういいです。返金してください。」と言われたり。
中の様子をみた客が食券も買わずに帰ったり。
忙しさがさらに次の忙しさを呼び、且つ余計な仕事(クレーム対応)も増える悪循環に陥っていました。

ちなみに俺の注文したものは一向にくる気配がありません。
なので俺からも「30分は待っているのですが・・・」とクレーム。
どうやら食券がドタバタの中で定位置から落ちていて、気付かなかった模様です。
結局、試験の昼休みは松屋の待ち時間で全て潰れてしまいました。

そんな応対の悪い中、なぜ俺は途中で帰らなかったか。
ちょっと意地悪かもしれないが、「なぜこの2人はこんな事になっているのか。」を考えてました。

・店長のマネージメント不足(人数の配置)
・近場で試験が行われ、多くの来客が見込まれるという情報不足
・誰かが欠勤した際のバックアップ体制不足

俺が思いついたのはこんなところでした。
この2人自体は一生懸命やっています。女性の方は明らかにてんぱってましたが・・・
だが、日曜の昼飯時にお客さんがたくさん入る事ぐらい、普通分かりますよね。
この駅は住宅街の駅の為、普段そんなに休日客が入るかは分かりません。
しかし、明らかに危機管理不足ですよね。

向こうの理由はさておき。
店員2人には罪は無いが、この状況で松屋が失った物は大きいでしょう。
回転数の減少による売り上げ減はもちろん、ブランドイメージへのダメージもあります。
俺がこの駅の松屋にもう行く事はないでしょう。まあこの駅自体に行く事もそう無いが・・・
ただ、「松屋なんか二度と行くか!」という客がいても不思議じゃないです。
そんな事を考えながら2人の奮闘ぶりを見ていた次第です。

それにしても・・・松屋で30分待ちはありえません。
だいたい、松屋に求めるものはあまり待たない代わりに、手軽に食べられる食事の筈。
これだと、明らかに顧客のニーズに反した状態です。
実際30分待つならば、おいしいラーメン屋さんで行列にでも並んだ方がマシ。
こうしたニーズと実際のミスマッチを起こしてはダメでしょう、と思います。

近頃ビジネス書を読んでいる影響か、こんな物の見方をするようになってきました。
20代の頃の俺では考えられなかった事です。クルマの売却の時もそうだったもんな・・・
さすがに最後の10分ほどは飽きたが、なかなか興味深かったです。
「失敗している時どうなるのか」を、外野(客)の立場からじっくり観察できました。
当事者になっている時は視野が狭くなるので気がつきませんからね。

こうした見方をしていると、仕事に活かせる事もありそうです。
参考になりそうな事、これはやっちゃダメだという事・・・結構面白いものです。
その店のやり方、主義、店員のあり方・・・これからも色々と参考にしていきましょう。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-10-21 08:36 | 雑記 | Comments(0)

自転車乗りのマナー?

せっかくの長期休暇だというのに風邪。2日ほど寝込んだ挙句、大分マシになってきました。
今日あたりやっと自転車・・・と思いきや1日雨らしい。
人生なかなか思い通りになりませんね・・・ぶり返さないよう養生しろという事でしょう。

それはさておき。先日友人がクルマに乗っていて、自転車と事故を起こしたとの事。
その友人はとてもクルマ好きなだけに、彼が受けたショックははかり知れません。
なんでもGSから出ようとした時に、右側通行の自転車と接触しただとか。
自転車の右側通行、例え歩道でも徐行しないと非常に危ないんですよね。
まして車道を走っていたとしたら、自殺行為以外の何物でもありません。
右側走行はクルマと対面する形になる為、こういう出会い頭事故の確立も高くなります。

YRV売却以降、クルマ乗り→ロード乗りにシフトした俺にとって、聞き逃せない事でした。
正直言って明日は我が身。他人事ではありません。
相手はボロボロのママチャリに乗っていた未成年(高校生?)で、幸い打撲だけで済んだとの事。
お互い大きなケガも無くて何よりでしたが、一方の言い分しか聞いていないとはいえ、事故の原因は自転車側の自業自得なようにしか見えません。
車道に出ようとしているクルマの前を普通横切るか?
というか、そもそも車道に出ようとしているクルマがいる事にすら気付いていない可能性も・・・

恐らく相手側はイヤホンで音楽を聞いていたか、携帯でも弄っていたのでしょう。
それならクルマに気付かなかった理由も納得です。
イヤホンを聞きながら自転車に乗っている人は結構見ます。
彼らは周りの状況を見る事を放棄しているが、それがどれだけ恐ろしい事かの自覚が無い。
俺も一時期そうでしたが、これは非常に危ない事なんですよね。

イヤホンで音楽を聴くと周りの世界から遮断されます。
そうなると人やクルマの接近すら分からず、極端な話目を瞑っているようなものです。
よって俺はイヤホンで音楽を聞くのをやめました。感覚を遮断する事は恐ろしいものです。
彼らは自分のやっている事がどれだけ迷惑で危険なのか、自覚していないんでしょうね。
痛い目に合う前に気付いてほしいものですが・・・

ところで、ロードバイクに乗るのは確かに楽しいですが、その分事故に合うリスクも高いです。
なので会社の上司からも常に心配されています。そりゃそうですよね・・・
上司からしたら部下が自転車で事故って入院で仕事に穴を開ける・・・たまったもんじゃないです。
そんな上司を安心させる為、というよりもプライベートで仕事に悪影響を与えないという社会人として当然の務めを果たす為、ロードバイクに乗るようになってから特に交通安全に気を配るようになりました。

実際、ロードバイクに乗っていてヒヤッとする場面は結構多いです。
普通に走っているのに幅寄せをしてくるトラック。
サイクリングロードで後ろも見ずに、突然道を横切るおじいさん。
周りの状況などどこ吹く風で、イヤホンを聞きながら自転車に乗っている高校生。
自転車が走るべきスペースを完全に潰している路上駐車などなど・・・
とにかく安全第一ですね。気持ちよく飛ばすのはその次です。

また自転車に対してやさしくない、無知な道路行政にも腹が立ちます。
クルマからしてみれば、路側帯をちんたら走る自転車は正直言って邪魔。
俺もYRVに乗っていた時は自転車を抜くのに随分気を使いました。
だが逆の立場からしてみると、歩道は狭く、且つ歩行者が邪魔となり走りにくい。
車道は前述の通りクルマの邪魔。じゃあ自転車はどこを走ればいいの?となります。

法律上は「軽車両」で「車道の左側を通行」、「歩道は危険回避の時のみ通行可」となります。
ただ現実はやりたい放題。特にママチャリなんかは歩行者と同じ感覚です。
よってママチャリからしたら歩道を走るのが当たり前。それもおかしな話ですが・・・

理想は「自転車専用道路」が国中に張り巡らされていればいいんですけどね。
歩行者との分離もきっちりしている道路があれば最高です。
例えばサイクリングロードの中には、ウォーキング、ランニング、犬の散歩、ママチャリ、ロードと色んな速度域の歩行者や自転車が混在しているのが事実です。

こうした状況はロードにとって結構走りにくいものです。
ただいきなり高速のロードに抜かれる歩行者にとっても迷惑で怖いはず。
(自転車はエンジン音が無い為、後ろから来ると非常に気付きにくい。よって抜く時も気を使います。)
万が一歩行者とロードバイクが接触でもしたら、お互い大けがですからね。
なので歩行者と自転車の住み分けが必要なのですが・・・恐らく分からないんでしょうね。

あるいは路駐の取り締まりをもっと厳格に実施するか。
そうなると自転車にとっては案外走りやすい道も多くなります。
ただ、道路行政がクルマ中心、高速道路一本槍の国がこれに気付くのは遠そうです。

自転車が乗りやすい道路作りを心掛ければ、みんなもっと自転車に乗ると思います。
クルマをハイブリットカーに変えるよりもずっと少ない金で「エコ」にもなると思うけど・・・
「Co2の6割削減」もあながち夢物語ではない、と考えるのはロード乗りの戯言でしょうか。
自民党の谷垣総裁は自転車乗りなので、もっとこういうのを訴えてもいいと思うんだけど・・・
これを訴えれば(自民党嫌いの俺でも)あなたに1票入れるものを・・・

思った事を書き連ねていたら、久々に長文になってしまいました。
今回の事で、ロード乗りとしてクルマとの事故が他人事じゃない事を改めて痛感しました。
よって何か書かずにはいられなくなったのでこうなりました。
後はせっかくの休みなのに風邪で家から出れず、暇という事もあったし・・・
この際だから気になっている事を吐き出してみようかな?と。

友人は相当ショックを受けているようでしたが、とにかく元気を出してほしいものです。
終わった事を悔やんでも仕方ないですからね。事実はどうにも覆し様が無いし・・・
俺も事故の当事者にならないよう、気をつけて自転車に乗っていきましょう。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-10-21 05:09 | 雑記 | Comments(0)

自転車乗り放題!のはずが・・・

夏休み返上で働いてきた俺。この時期に1週間休みを取る事ができました。
自転車のタイヤも変えたし、サイクルウェアも買ったし、自転車に乗りまくるはずだったのですが・・・

よりによって休みの前の日曜日、情報処理試験会場で風邪を引いてしまいました。
タイミングとしては最悪です!
熱とかは特に無いが、体がだるくて喉がガラガラします。
残念ながら、自転車よりも体調を治すのが先決になってしまいました。

せっかく休みにはいったのにこのざまです。
最近風邪を引かなくなった、とたかをくくっていたのがいけなかったのかもしれません。
なので今日は自転車に乗らず、家で安静にして本を読んでました。

読んだのは買い置きしていた心理学と禅の本。
近頃、人はどう考えるかとか、俺はどんな生き様をすべきなのかとか、色々考えます。
仕事でも普段でも、相手の立場に立って物事を考える事は重要ですからね。
相手は何を考え、その上で自分はどんな主張を持ってどう動くべきなのか・・・
ここ数カ月、その大事さを痛感している次第です。
その答えを突き詰めて求めていくと、心理学と禅の考えに行きつきました。

心理学は、相手や自分がどういう心理になり、どう動くかを研究する学問です。
近頃、仕事上電話で作業の調整をする事が多くなりました。
作業を調整する相手は複数の人に及び、多い時は一度に5~6人程度とやりとりします。
ただ俺はその相手と合った事も無く、電話で話しただけの人がほとんどです。

その人達と合って、直接やり取りできればいいのですが、場所が離れているのでそうもいきません。
そんな声しか知らない相手が何を求めているのか、もしくはこちらの要望をどう伝えればいいのか・・・
今電話口で話しているこの人はどういう傾向があり、どんな考えで物事を進めようとしているのか・・・
こうした悩みを少しでも緩和する為に、心理学を勉強している次第です。

また「禅」については、日頃のあらゆる事を突き詰めて考えていく所が面白いと感じてます。
司馬遼太郎の「街道をゆく」の中で禅の話が出てきたりとか、本屋さんで禅の考え方について書かれた本とかを手にとっているうちに興味を持ちました。
実は一休さんは無類の女好きだったとか、意外に面白い話も多いです。
(この話から一休さんに興味を持ち、一休さんの事について書かれた本を買ったぐらいです。)

そういう性の話も含め、禅とは自然体で振る舞う事を良しとする事が多い感じがします。
といっても、「禅問答」というだけに訳の分からない事も多いですね。
上記の見方もあくまでも俺の主観なので、合っているかどうかは分かりません。
俺は全ての面でまだまだな部分が多すぎるだけに、ひたすら勉強ですね。
その上で、「増上慢」(すぐ調子に乗る事)にならず、謙虚に知識を吸収していきたいものです。

それはさておき。この休みでヤビツ登頂を目指しているだけに早く風邪は治したいです。
幸い?来週月曜まで休みですので、早めに治して自転車に乗りたいです。
先週の土日は出勤と試験で乗れずじまいだったので、まずは湘南で足慣らしを1日。
その後ヤビツ登頂を目指していきましょう。

できれば山伏峠(道志みち)にも挑みたいのだが、風邪が治った後そこまで日にちがあるか・・・
とにかく今は焦っても仕方ないので養生します。我慢の時ですね。
早く治して自転車に乗りまくりたいと思います。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-10-19 16:51 | 雑記 | Comments(0)